Tasteless Blog

Archive for the ‘イラスト’ category

拍手メッセージありがとうございます。この記事にて返信します。

マリオカート8の追加コースとかパズマリとか、下手糞ながらにちまちま遊んでおります。
マリオカート8のリンリンメトロコースにて、ようやくルドウィッグの壁面ペイントが描かれたので安心しました。ルドウィッグだけないとか酷かったですもん……「Ludwig Painting」って、ルドウィッグは絵も描くんですか。英独版ニックネームが「混沌の指揮者」だったから音楽ネタだと思ってましたが。まぁ、ルドウィッグは器用で多芸そうなので、絵も嗜んだりするんでしょう。
パズマリはコンボがなかなかつなげられず、ようやくモートンに会えたところです。地道にレベル上げていくしか……早くコクッパを仲間にしたいですが、一度クリアしてからじゃないと無理なんですかね。

パズマリ発売前に描いた漫画。相手は死ぬ。実際にはルドウィッグは火属性でしたが。そして闇属性のレミーを見てMario is Missing!を思い出すなど。

 
ニンドリ6月号に投稿したもの。ラリーは線画・仕上げ塗りは娘が、線画修正・下塗りは私がやりました。

 
春休みの小学生とオカン。こんな調子だったのでろくに作業など出来ませんでしたとも。

 
擬人化ルドウィッグ落書き。いずれちゃんとしたのも描きたいです。

<拍手返信>

(さらに…)

ウチの娘が描くルドウィッグとラリーを擬人化したらこんな感じでしょうか?

ピーチをさらいたがる以外はかなり控えめで邪悪ではない……っていうか一人称が2人とも「ぼく」だったりなんかもうキャラ変わり過ぎで誰だよお前ら状態なんだけど、まぁ小さい子のすることだし、これはこれで……とか思ってしまう親馬鹿。
綿菓子やりんご飴を一緒に食べてたり雨が降ってお外で遊べないと悲しんでたり、6歳児のイメージは微笑ましいですね(←親馬鹿)。
そんな6歳児も来月で7歳児になりますが、誕生日とクリスマスが近いので親としては大変です。
そして「ウチな、クリスマスプレゼントにラリーのお人形もらうんよ!」 と触れ回るので困ります。それくらい楽しみにしてくれてるならプレゼントし甲斐があるともいえますが、しかしやっぱり「ルドウィッグはママが持ってるから!」とわざわざ広められるのは困ります。

話は変わりますが、海外版スマブラWiiUピットのスマッシュアピールのルドウィッグの解説を訳してみました。

 あれはクッパ7人衆の1人、ルドウィッグ・フォン・クッパです。
 うーん、クッパJr.によく似てますね。
 あのクッパクラウンは大量生産型です。
 私が思うに王座の継承者として、クッパJr.は優遇されていそうです。
 クッパとクッパ7人衆との間の関係はまったくの謎です。
 なんだか彼らが気の毒ですね。
 あなたの優しさは彼らをやっつけるにはあまりためになりませんよ。

……訳してる間はらわたが煮えくり返る思いでしたよ。っつーか今もムカついてる。
まぁ任天堂側も複雑な思いを抱えていそうな気もしますが。
それはそうとLudwig von Koopa……コクッパのフルネームの設定はまだ生きているようです。とするとモートンはMorton Koopa Jr.なんですね。先代モートンってどんな亀だったんでしょう?

なんでメロン…

8月 5th, 2014

学生さんは夏休みですね! 親は休めませんが! むしろいつもより忙しいですが!
という訳でブログもろくに書いておりません。
しかしちょこちょこ絵は描いていたので、それらを載せていこうと思います。
 


ラリーとはラテン語で「ラウレントゥム(月桂樹の町)の人」ルドウィッグとはゲルマン語で「名高き戦士」という意味なので日本人名にするならこんな感じ、というのを見かけて思いついたネタ。厳密にいえば日本の桂は月桂樹とは異なる植物ですが、人名っぽさ優先ということで。


診断メーカーお題「今世紀中に100RTされたらロイがスカートが翻ってパンチラしている絵を描きます。もちろんパンツははいてないで!」。パンツはいてないのにパンチラとはこれ如何に、としばらく考えた結果、パンツじゃないけどパンが付く何かがチラリしてればいいのかということになり、パンダがチラリ略してパンチラ。


現在の擬人化ウェンディに旧バージョンの衣装。背景は作業中に乱入してきた小学生によるもの。


マリオカート8で口元に手を当てて笑うルドウィッグが可愛すぎるのでウチの擬人化でも描いてみました。先日、ようやくルドウィッグが開放できて……レミーからウェンディの間がかなり開いてしまいましたが、ウェンディが出てからは残りのルドウィッグ・キノピコ・ロイは続けざまに使えるようになりました。やっと全員揃って嬉しいです!


上の絵の未完成版。試みに擬人化ルドウィッグの前髪を原型よりに描いてみましたが、どうもしっくり来なかったので今まで通りに仕上げました。

診断メーカーお題「20分以内に13RTされたらバニーガールのモートン(擬人化)を描きなさい!」(クリックで表示)
ウチの擬人化モートンといえば、……。

拍手メッセージありがとうございました。この記事にて返信いたします。

オフ会の主催に名乗りを上げたはいいものの、その手の企画の経験に乏しいもので、今更ながらに不安を覚えていたりします。
でもせっかくの機会なので、いい方向に進められるよう頑張りたいです。

それより先に『にじのまんなか』14周年に合わせてサイト更新……「コクッパ親衛隊」記事のリニューアルもしたいんですが、そのためにはまず私が『マリオカート8』を入手しプレイしなければなりません。ああ、誕生日プレゼントに贈ってくれたりしないかなー。
 

<拍手返信>
(さらに…)

しばらく前の落描きに色付けてみました。

なんだこのモートン……。
 

っていうか、表題の件ですよ。
ツイッターの方で何やらコクッパファンのオフ会やろうという話が持ち上がりまして、せっかくなのでツイッターやってない方にもお知らせしたく思い当ブログでも告知することに相成りました。
恐らく、東京で10/28(火)に開催されることになりそうです。
なぜ東京? それはツイッターからの参加希望者に関東の人が多かったから!
なぜ10/28? それはラヨシュが上京できる機会がその辺りにしかなさそうだから!
細かいことはこれから詰めていくつもりです。
とまれ、もし参加ご希望の方がいらしたら、ブログのコメントなりサイトの拍手なりにてお知らせください。

あーあーあーあーマリオカート8やりたいなーやりたいなー!
 
ツイッターの「#一番目にリプきたキャラに二番目にリプきたキャラの服を着せて三番目にリプきたキャラの台詞を言ってもらう」ハッシュタグ、前回は1件しかリプが来なかったためリトライしたところ、今度はこうなりました。

「擬人化ルドウィッグにピーチ姫の服を着せてバカラ棟梁の台詞を言ってもらう」
スーパーマリオ・スーパーマリオ・ビックリマン2000……なかなか面白い組み合わせになりました。
5月の大阪のイベントに行けないことが判明して以来、しばらくビックリマン2000の公式小説とかも読むのが辛くなっていましたが、読むとやっぱり面白かったです。バカラ格好いい~!久し振りにビックリマン2000の話ができて嬉しかったです。
バカラ棟梁の台詞は公式小説の「#27 理魔力天無撃裂滅計画決行! のウワサ」から採りました。バカラといえば自転車メカで動力を作り出すシーンのイメージが強いので「#28 集中豪無より生まれし者! のウワサ」の台詞にしようかとも思ったんですが、ピーチ姫が自転車に乗るときの服が判らなかったのでやめました。
それにしてもウチのルドウィッグは女装が板についてきたなぁ。髪は最初は下ろしてたけど、擬人化ルドウィッグを見慣れない人には誰だか判らなくなる恐れがあったのでいつも通りに。もっとも、娘には下書きを始めたばかりの段階、額~頬~顎の輪郭と眉と目と鼻しか描いてないときにもう何のキャラか見抜かれてしまいましたが。
「普通のも描けばいいのに」とも言われたので、また近いうちに原型も描こうと思います。他のコクッパも……。
 

あーあーあーあーマリオカート8やりたいなーやりたいなー!


鳳凰寺嵐さんの擬人化ウェンディとウチのをご一緒させていただきました。
手でハート作るの一度描いてみたかったんです。
身長の詳しい設定は分かりませんが、なんとなくウチの方が小さい気がしました。そういえばコクッパの中でウェンディはレミーの次に小柄なんですよね。


ツイッターで「#一番目にリプきたキャラに二番目にリプきたキャラの服を着せて三番目にリプきたキャラの台詞を言ってもらう」というハッシュタグをやってみたところ、1件しかリプが来なかったため何の変哲もないイギーが黙ってる、もとい「シーッ」ってやってる絵になってしまいました。

このところ成り行きもあるとはいえルドウィッグ・ウェンディ・イギーの絵が続いてるなぁ。他のコクッパたちも描きたい……とは言うものの、今描き掛けの絵を仕上げてからになりそう。

1つ前の記事にコメントありがとうございました。該当記事にて返信しております。
 

もしもイギーの頭に生えてるのが寄生植物だったら

っていうか育ち過ぎだ……無理に抜こうとすると恐らく脳味噌も一緒に抜けます。
自分で言うのもなんだけど変なネタばかり描いてるなぁ。愛が歪んでる……。
他にもまだまだネタはあるので、なるべく形にしていきたいです。

このところ約翰が意気消沈してる一方ラヨシュはノリノリで、我ながら妙な気分であります。
それはさておき、『にじのまんなか』トップ絵更新しました。祝・マリオカート8!
今回の絵にはあえてイギリス版を参考にしたキャッチフレーズを使用。
そしてもう一丁、「混沌の指揮者ディリゲント デス カオス」!

クリックで拡大
絵に添えたテキストは「混沌が彼の強さ!」という、ドイツ版新キャラ紹介動画内に出てきたフレーズ。イギリス版の「Mayhem is his voltage!」もよかったんですが、やっぱりルドウィッグといえばドイツ語なので……っていうかもう、「ダス カオス イスト ザイナー シュテァケ! ルゥートヴィッッヒ!」でラヨシュのテンションは上がりまくり。Ludwigはドイツではやっぱりルートヴィヒって呼ばれてるんだー、と当たり前のことにやたら感動。
この勢いで「コクッパ親衛隊」も更新できたらいいなぁ。

ビックリマン大阪オンリー、どうしても動かせない別の用事があって行けない!
ああもうやる気失せる! 悔しい!
こうなったら翻訳! 翻訳してやるくっそー!
 

……という訳で、『マリオカート8』コクッパ…クッパ7人衆のキャッチフレーズ日米英仏独西伊まとめてみました。彼らのイメージを膨らませる一助となれば幸いです。
 
ラリー
日:クッパ軍団の特攻隊長
米:Super Trooper of Bowser’s Army(クッパ軍団のスーパートルーパー)
英:Authority of Acceleration (加速の権威者)
仏:As de L’accélération (加速のエース)
独:Baron der Beschleunigung (加速の大立者)
西:Una Autoridad en Aceleración (加速の権威者)
伊:Sua Accelerazione (彼の加速)
 
ロイ
日:重量級の暴走タートル
米:Runaway Heavyweight Koopa (暴走する重量級のカメ)
英: Bespectacled Brute(サングラス(メガネ)を掛けた野獣)
仏:La Brute à Lunettes (サングラス(メガネ)を掛けた野獣)
独:Sonnenbrillenkoloss (サングラスを掛けた巨人)
西:Un Bestia con Gafas (サングラス(メガネ)を掛けた野獣)
伊:Una Furia Occhialuta (サングラス(メガネ)を掛けた野獣)
 
イギー
日:黒ぶちメガネのトリックスター
米:Trickster with the Sweet Specs (素敵なメガネのトリックスター)
英: Real Wild Child(真の反抗児)
仏:L’enfant Turbulent (騒々しい子供)
独:Wirbelwind (旋風・とても活発な子供)
西:Un Autentico Terremoto (正真正銘の地震)
伊:Il Terrore della Pista (走路の恐怖)
 
レミー
日:すばしっこさナンバー1
米:Mr. Agility Supreme (素早さ最高)
英:Ace of Speed (速度のエース)
仏:L’as de la Vitesse (速度のエース)
独:As der Strasse (ストリートのエース)
西:As de la Velocidad (速度のエース)
伊:L’asso della Velocità (速度のエース)
 
モートン
日:無敵のタフガイ
米:Invincible Tough Guy (無敵のタフガイ)
英:Mass of Muscle (筋肉の塊)
仏:La Montagne de Muscles (筋肉の山)
独:Rasender Muskelberg (疾走する筋肉の山)
西:La Fuerza Bruta (乱暴な力)
伊:Un Corridore Inarrestabile (止めることのできないレーサー)
 
ウェンディ
日:打倒プリンセス!
米:Princess of Destruction (破壊のプリンセス)
英:Speed Queen (速度の女王)
仏:La Reine de la Vitesse (速度の女王)
独:Tempoprinzessin (速度のプリンセス)
西:La Reina de la Velocidad (速度の女王)
伊:La Regina delle Corce (レースの女王)
 
ルドウィッグ
日:目立ちたがりの悪役ヒーロー
米:Showy Anti-Hero (目立ちたがりのアンチヒーロー)
英:Conductor of Chaos (混沌の指揮者)
仏:Générateur de Chaos (混沌を生ぜし者)
独:Dirigent des Chaos (混沌の指揮者)
西:El Piloto del Caos (混沌のレーサー)
伊:Il Signore del Caos (混沌の主)
 
……こうしてみるといろいろなことが判って興味深いです。
日米とヨーロッパはそれぞれ別にキャッチフレーズを作ったようです。そういえばヨーロッパでは「クッパの手下」のままなんですね……。
ラリーは加速性能、レミーやウェンディは速度に優れているんでしょうか。
日本版だとウェンディは「打倒プリンセス!」でピーチなどプリンセス達をライバル視しているようですが、海外版では彼女自身がプリンセスないし女王なんですね。ヨーロッパ方面のと違ってアメリカ版では「破壊のプリンセス」なのは、名前の元ネタであるウェンディ.O.ウィリアムズの過激なパフォーマンスを念頭においてのことかも?
ロイは重量級ということとサングラス(正確にはメガネと訳すべき語もロイだからサングラスと訳しておきました)かけていることとなんか大きくて力強くて荒々しそうなことは判ります…今さら言うまでもない気がしますが。
イギーはトリッキーな動きが特徴? なお、ドイツ語版の「Wirbelwind」とは本来の意味は「旋風」ですが、そこから派生して「とても活発な人(特に子供)」という意味もあるので、フランス語版とも併せて考え、両方の意味を書きました。っていうか子供なんですねイギー。他のコクッパたちも?
モートンは筋肉筋肉言われているので、擬人化の際に筋肉を盛ったのは正しい判断だったと安堵しました。パワフルな走りをしそうだということが想像されます。
ルドウィッグ、アメリカ版で用いられた英語の「showy」とは「目立ちたがり」の他に、よいイメージとしては「華麗な、妙技の」、悪いイメージとしては「見掛け倒しの」といった意味もあります。どちらになるかは使い手しだい……。そしてヨーロッパ方面、どんだけ混沌としてるんだよ! どんな性能なんだよ! ちくしょう気になるじゃねぇか! ……イギリス及びドイツの「混沌の指揮者」って、ひょっとして名前の元ネタのベートーヴェンも意識してる? クラシック音楽好き設定は今もあると考えていいんですか?
 

そうそう、先日の「Lud-Wig2」、アレを擬人化でやったらどうなるかとかそんなことを考えて描いてみたのがこれ
なんで擬人化ルドウィッグをマッチョにしちゃったんだよラヨシュ!
……それは、「ルドウィッグの体型は細くはない、身体能力は高い」ということでがっちりさせた方がいいかと思ったから、なんだけど……こういうネタをやると破壊力が……。
 

Proudly powered by WordPress. Theme developed with WordPress Theme Generator.
Copyright © Tasteless Blog. All rights reserved.