Tasteless Blog

ああ、『D-ZOIC』がついに終わってしまった……。
かなり駆け足とはいえ綺麗にまとめてくれたのは良かったけれど、やっぱりもっともっと読みたかったです。
連載がもっと続いていれば、ラストの白竜を駆るユタも「創作」ではなく(作中での)事実として見られたんでしょうかねぇ。今のモフモフしたチビもかわいいんですが。
後日譚も、作中では語られていないキャラたちについても知りたいですよ。みんな魅力的だったから……。
マルタ様はナイス悪役でした。道具として利用され続けていて不遇といえば不遇ではあるんですが、不幸という気がしないのはあまりにもギラギラしていたからか。
このマンガがあまり一般受けしなかったのは、パッと見の地味さや恐竜という題材は子供向けのものと世間では思われがちということなんかに原因があったんでしょうか?
派手さはないけれど、しっかり作りこまれて読み応えのあるファンタジーでした。
連載が打ち切られてからアニメ化された『武装錬金』なんかはレアケースだとは思うけれど、このマンガに関しても連載終了後にも何か動きがあって欲しいと願わずにはいられません。
……改めて、私が好きになる作品は打ち切りの憂き目に遭うことが多いなと痛感しました。他にもいろいろあるもんなぁ……『ビックリマン2000』がきっちりグランドフィナーレを迎えられたのは奇跡とさえ思えます(苦笑)。

今日のディケイドは笑えたけど、映画とのリンクのないディケイド電王編というのも見てみたかった気もします。笑えたけど。
シンケンジャーは寝過ごしてしまったので、また後で録画を見ます。

『エンバーミング』リッパーはそう来ましたか。それにしてもピーベリーさんは男前過ぎます。女性だけど。

古本であもい潤の『貴人の大祭』を入手しました。
アステカを舞台にしたマンガということだったので買ってみたんですが、『風霊王外伝』とのことで、本編を知らないから少々入り辛かったです。
それでも、「血と屍の上に築かれたものでもこの世界は美しい」という台詞が印象的だったからかまいません。
本編も機会があれば読んでみたいですが、本代に散財し過ぎたわ買った本もなかなか読めないわ図書館で借りた本もなかなか読めないわアマゾンのカートには保存中の本が何冊もあるわな状況でして、困った困った。

Proudly powered by WordPress. Theme developed with WordPress Theme Generator.
Copyright © Tasteless Blog. All rights reserved.