Tasteless Blog

古代メソアメリカのコーナーに小ネタ1個追加しました。
掘り下げが足りないというか見切り発車もいいところですが、あんまり温めすぎて腐らせてもなんだし……あ、はい、『世界祝福』。大丈夫です忘れてません、いつかきっと……。


去る22日、BIZEN中南米美術館(BLAM) http://www.latinamerica.jp/ に行ってまいりました。
「またかよ、もういいよ」とか言わんといてください、好きなんです。
ともかく、BLAM探訪記第3弾。3度目ということで閲覧者の皆様も大体お分かりでしょうから、基本的なことはもう飛ばしていきますよ。
 第1弾-1 第1弾-2
 第2弾

コパン王ワシャクラフーン・ウバーフ・カウィール。

今回は館長さんのご厚意により、展示の説明や裏話などを聞かせていただきました。
館長さんは気さくな雰囲気の話し上手な方で、興味深いお話を色々してくださったので、こちらもついついあれこれ訊ねてしまったり知ったかぶってしまったり。
BLAMはただでさえ影の薄い県である岡山の(東京の大学に通っていた頃、岡山出身だと言うと「……岡山ってどこだっけ?」と訊かれたものです)さらに端の方の日生にある小さな美術館ですが、その筋では有名なところだそうで、古代中南米ファンなら知っているであろう錚々たる先生方が協力されているとのこと。館長さんは留学中に杉山三郎先生と同じアパートに住んでいて、テオティワカンのケツァルコアトル神殿の発掘中に半ば埋もれたままのケツァルコアトルのレリーフを見せてもらったこともあるとか……ぁあ~、っ羨ましい~っ!

今年の常設企画展は「クフルアハウの残輝 / エピソード2(百花繚乱)」。去年の展示にさらに多くの遺跡の写真を追加してボリュームアップされています。
館内の展示や館長さんのお話などから、マヤへの熱い思いをしかと受け取りました。

ティカル王ハサウ・カン・カウィール1世のレリーフ。BLAMの前身である森下美術館がオープンした頃からあるもので、実物から直接型取りして作られたものですが、現在ではそんなことは許されないそうで、レプリカといえども貴重なものです。また、今となっては現地で雨ざらしになっている本物よりもこのレプリカの方が状態はいいのではないか、とか……ボナンパクの壁画なんかもそうですよね。
ところで、たいていの本では「ハサウ・チャン・カウィール1世」と書かれているこの王の名前がここでは「ハサウ・カン・カウィール1世」となっているのは、館長さんと親交のある八杉佳穂先生の説を立ててのことだそうです。以前から「チョル系じゃなくてユカテコ系の読みを採用してるのは、八杉先生の説にのっとってるんだろうな」と予想してたんですが、当たりましたね。

「クフル=アハウの肖像」で資料がないから適当な色をつけてしまったカウィール神ですが、土器ではこんな感じでした。カウィール神は王権などに関わる神だから、これも王族が用いていたものだろうと思われます。


これはマヤではなくペルーの土器です。
中の液体を注ぐ時に笛のような音がするそうで、息を吹き込んで鳴らしてみていただきました。ついでに触らせていただきました。
館長さん曰く、音がするのは宗教的な用途があるのかと研究者の方に訊ねたところ、それもあるかもしれないが、音がすると楽しいからでもあるだろうといった答えが返ってきたとか。
音といえば、マヤの土笛も演奏していただきました。うまく写真が撮れませんでしたが、BLAMサイト内に写真があるので(「今月のクローズアップ」2008年5月)そちらをご覧ください。
よく響く高い音で、これをジャングルの中のピラミッドの前なんかで聴いたらもうゾクゾクするだろうなぁと思いました。


今回の個人的なお目当て、テノチティトランのテンプロ=マヨールのチャックモール(レプリカ)。
一昨年~昨年に各地を巡回していた「インカ・マヤ・アステカ展」の閉幕と共に役目を終えた彼は、現在BLAMの2階で第2の人生を送っています。
「インカ・マヤ・アステカ展」では高いところに置かれていて見上げることしかできませんでしたが、ここではこんなに近づけます。写真もOK。


ふんどしもバッチリです。
っていうか、古代中南米モチーフで何か作品を作りたいという人の取材にも役立つと思いますよここ。フラッシュを焚かなければ写真OKだし、取った写真はサイトにアップしてもいいっていうかむしろ歓迎されてるぐらいだし。自分で撮った写真なら著作権の心配もありませんよね(著作権者がいるので、写真パネルの撮影はNG)。

他にも色々興味深い話や展示があったんですが、キリがないので……詳しく知りたい方は、ぜひ美術館にどうぞ。
初心者でもマニアでも、それぞれの楽しみ方ができる場所です。マジお勧め。
そうそう、私はこのたび「BLAM広報大使」に任命していただきました。これで今後は「お前はBLAMの回し者か!」と言われても、「いや、広報大使だ!」と言い返すことができます。

Proudly powered by WordPress. Theme developed with WordPress Theme Generator.
Copyright © Tasteless Blog. All rights reserved.