Tasteless Blog

テスカトリポカがショチケツァルを略奪云々の出典、判ったかもしれません。
『テレリアーノ=レメンシス絵文書』のショチケツァルの解説を読んでいたら、「『Historia de Tlaxcala(トラスカラ史)』は彼女をテスカトリポカが彼女を夫の雨神トラロックから誘拐した後に上空の9層の天国(タモアンチャン=ショチトリカカン)に住まうヴィーナスのような愛の女神として描いている」といった感じのことが書かれてました。
……って、『Historia de Tlaxcala』、スペイン語バージョンしかなさそうだ、読めねぇよ……。

それにしても、ショチケツァルの婚姻関係もややこしいですね。
『絵によるメキシコ人の歴史』や『メキシコ史』ではピルツィンテクトリの妻だし、『テレリアーノ=レメンシス絵文書』や『バチカンA絵文書』ではセンテオトルの妻だし……。

かなり前にAmazon.co.jpで注文していた本がそろそろ届くはずだったのでわくわくしていたんですが、発送予定日が遅くなるとのメールが来てへこみました。
Amazon.comにはないかと探したら、ユーズドだけど状態はいいらしいものがあったので、もうそっちにしてしまいました。その方が安くつくし。
……来月は本買うの控えないとなぁ、11月には武装錬金のDVD-BOXも出るし……。

さて、前回に引き続きトシュカトルの祭り関係の話です。
以前読んで引っかかりを感じた記述のある本をまた図書館で借りているんですが、もう一度読んでもやっぱり気になります。
『イメージの博物誌34 双子と分身 <対なるもの>の神話』(ジョン・ラッシュ著/佐伯順子訳/平凡社/1995)なんですが、「ケツァルコアトルは文化英雄であり、人類の善き師であったが、テスカトリポカ(アステカではウイチロポクトリ)は悪しき魔法使い兼降神術師であり、最高の(というより最悪の)場合は『黒魔術師』の原型である。(中略)この凝った儀礼では、1人の若者がケツァルコアトルを打ち負かした一連の誘惑を模倣するべく選ばれる。1年間、この若者はきらびやかに着飾られ、あらゆる淫蕩を許され、王子のように街をパレードするが、これらはすべて純粋な模倣であり、ケツァルコアトルがテスカトリポカの曇った鏡に映る分身に自らの力を引き渡したがためにひっかかってしまった、悪魔的誘惑をなぞったものである。そして神聖なドラマが成就する瞬間、この犠牲者は神殿の祭壇に引き出され、そこで血に飢えた太陽にささげるべく心臓を切り取られるのである。これは生命そのものに反する魔術であり、生気を奪う究極の形である」 といったことが書かれてまして。
……どうも、テスカトリポカの悪の面に引きずられ過ぎというか、キリスト教的「悪魔」の概念に囚われ過ぎというかな気がしてなりません。 テスカトリポカはルシファーと見なされてたりもしますが、それにしたってキリスト教徒の目には悪魔的に映ったからということだし。「ケツァルコアトル=生贄を拒否する善神 / テスカトリポカ=生贄を求める邪神」というイメージは広く定着していますが、実際はそう単純なものじゃないと思います。
っていうか、トシュカトルの祭りで生贄にされたのはテスカトリポカの化身なんで、話がうまくつながらないような気が。そういえば引用文の場合、チョルーラで行われていたという、40日間ケツァルコアトルの化身を演じた奴隷を生贄に捧げる儀礼はどうなるんでしょう?(テノチティトランではケツァルコアトル信仰はチョルーラにおけるほどには盛んではなかった由)

話は変わりますが、テスカトリポカの化身は4柱の女神(ショチケツァル・シロネン・アトラトナン・ウィシュトシワトル)の化身とされた4人の乙女と結婚したということです。
で、そういえばショチケツァル……テスカトリポカがトラロックの最初の妻を奪ったという神話がありますが、その奪われた女神は本によってショチケツァルだったりトラソルテオトルだったりします。いったいどちらが正しいのか、それとも2パターンあるのか?
この神話の大本の出典が何なのか判らないので確証を持っては言えませんが、これまで調べた印象からは、元々はショチケツァルだったのが、ショチケツァルとトラソルテオトルが同一視された際、ショチケツァルのエピソードもトラソルテオトルのものとされたのかな……という気がしてますが、真相はどうなんでしょうね。
トラロックの妻を奪った話で思い出しました、以前図書館で借りた『世界神話大図鑑』(アリス・ミルズ監修、荒木正純監訳/東洋書林/2009)に、テスカトリポカが片足を失ったいきさつとして「テスカトリポカがホチケツアルを誘惑しようとした時、これを見た夫のトラロックが激怒して、天上界の山のてっぺんをテスカトリポカに投げつけて、その足を切ってしまった。このため、テスカトリポカは、その足の代わりにに黒曜石の鏡をつけたのだという」という話が紹介されていましたが、これ出典は何なんでしょう? テスカトリポカが片足を失った理由って、たいていは世界を創造する際に大地の怪物に食べられたからということになってますけど、異説があったんですか? っていうか、やっぱりこの妻奪いの神話の原典(からの全訳)を読みたいです切実に。原典は何なんですかー?

ンプ小屋

9月 21st, 2009

データが飛んだりマウスが壊れたりしつつも、とりあえず原稿は何とかなった(ことにした)ので一安心。
デジタルでの原稿制作の怖さを感じました……が、喉元過ぎれば何とやらになってしまいそうな自分を感じてもいてイヤン。
……いや、だから気をつけろってば。

とまれ、まずは『フィレンツェ絵文書・第2書』の封印を解くぞー!という訳でバカラのようなもの(ブルーキュラソーがないからホワイトキュラソーだけで作ってしまってる)を飲みつつ、梱包を開封。
『フィレンツェ絵文書・第2書』はアステカで1年のうちに行なわれていた祭り等についての本なんですが、先に届いていた『プリメーロス=メモリアーレス』内の同テーマの記述との相違が面白いですね。
たとえば、アステカの生贄儀礼の例としてしばしば取り上げられるトシュカトルの月の祭りについて。『フィレンツェ絵文書・第2書』では、テスカトリポカ神の化身の役を1年間演じた後生贄にされる青年のことが書かれています。しかし、『プリメーロス=メモリアーレス』では、トシュカトルの月の祭りでは生贄は捧げられなかったということになっているんですよ。『プリメーロス=メモリアーレス』のための聞き取り調査を行なった地はテスココの領域のテペプルコという所だから、テノチティトランに隣接したトラテロルコで収集された情報が大部分を占める『フィレンツェ絵文書』の記述とは異なっていてもおかしくはないんですけどね。他の町ではどうだったのかとか、「テスカトリポカの化身」はテノチティトラン以外にはいなかったのかとか、疑問が湧いてきます。
それはそうと、『フィレンツェ絵文書』のテオトレコの祭りの記述を読むにつけ、やっぱりテスカトリポカのデザインはもっとマッチョでふくらはぎパッツンパッツンにした方がよかったかと思ったりでも今のは今ので好きだしとも思ったりであああああ。いや、神々の中で最初にやってきたのはテスカトリポカで、その理由は若いとか力強いとかふくらはぎとかだったりするから。なお、ウチのテスカトリポカが女の子に間違われたりしているのは「女性と見紛うばかりの美形♪」なんて意図の下デザインされたからというのではなく、別にそんなつもりはなかったけど結果的に間違われてしまったということで、要するに約翰の絵の腕がまずいからという訳でした。

ところで、またマヤのネタもやりたいなとは思っているんですが、このところアステカ関係の資料の入手に力を入れていたせいで、マヤの資料はあまりなく困っております。特に服飾の資料が欲しいんですが、何かオススメがありましたら情報をお願いいたします。
アステカは通史を書く対象としてはマヤよりやりやすいといわれますが、それはメシコ=テノチティトラン中心にするからで、逆にいうとその他の都市について語るのには難しいものがあるような気がしております。群雄割拠がやりたいなら、やっぱりマヤがオススメでしょうね。マヤ文明の華とされる古典期ももちろん興味深いんですが、燃えカスみたいな扱いを受けがちな後古典期も面白いと思うんです。みんなの大好きなチチェン=イツァなんかも後古典期に栄えた都市なんですけどねー、とか言いたい。後古典期の諸都市を話題にするにあたっては、古典期のように王の業績等を刻んだ石碑の類がほとんど残っていないというのが痛いですね。やっぱり人物の顔が見えた方が興味や親しみを抱きやすいですから。

ぎゃあぁあああああ! なんかエラー出た! 原稿のデータがっあっああっ……!

……という訳で、作業やり直し……ペン入れまではアナログなんでまぁそれはいいんですけど、また線画の修正やらんといかんのか。あああ。
そしてこんな時に何故届く、『フィレンツェ絵文書・第2書』! 読めねぇよ!

とまれ、原稿がんばります……。

衝動買いしてしまった本・その2。

『プリメーロス=メモリアーレス』、『フィレンツェ絵文書』で有名なサアグンによる体系的な先住民についての記録としては最初のものです。『フィレンツェ絵文書』と比較してみたくなってつい買ってしまいました。
まだ中身はチラ見しただけですが、『フィレンツェ絵文書』英訳版は「左・英語 / 右・ナワトル語」なのに対して『プリメーロス=メモリアーレス』英訳版は「左・ナワトル語 / 右・英語」なので、最初はちょっと読みづらかったです。
じっくり読んでしまうとあれこれ考察したり絵とか描きたくなってしまったりするから我慢ですが、しかしエスピツァルについての記述が気になります。「血の噴出」といった意味の言葉なんですが、『プリメーロス=メモリアーレス』ではウィツィロポチトリの項に書かれている一方、『ボルボニクス絵文書』ではテスカトリポカの像に描かれていて(そして他のいくつかの絵文書、多分『テレリアーノ-レメンシス絵文書』でも…『バチカンA絵文書』も同じ資料に基づいて描かれているはずなんですが、絵が荒くて判りづらかった)……って、だからやめろって! もう!

ああ…ついついやってしまった、衝動買い……。

『テレリアーノ-レメンシス絵文書』……。
まだ中身はパラパラめくってみただけですが、画像もさることながら解説が充実しているようで嬉しいです。
これはスペインによる征服後に書かれた文書ですが、同じ先スペイン期の絵文書を資料にして書かれたらしきもう1冊の絵文書『バチカンA絵文書(リオス絵文書とも)』の注解もついていてさらに嬉しい。『ボルジア絵文書』など他の絵文書を読む際の参考にもなりそうだし、いいですね。
「こんな高い本衝動買いしちまって、どうすんだ約翰!」と思ってましたが、やっぱり買ってよかったです。
じっくり読みたいけれど、その前に原稿ですよ原稿。っていうか、こんなに早く届くなんて思ってなかったので驚きました。しかしこの分だと、同時に注文した別の2冊もじきに届いてしまうかも。ああ、誘惑が……。
それにしても、『マリアベッキアーノ絵文書』のウィツィロポチトリの説明文に「テスカトリポカの友」って書かれていたのはやっぱり読み間違いじゃなかったのかよかったよかった。テスカトリポカとウィツィロポチトリの関係、兄弟だとしているのは有名なところでは『絵によるメキシコ人の歴史』のオメテオトルから生まれた4兄弟の話がありますよね。テスカトリポカとウィツィロポチトリの2柱が兄弟というのはベルナール=ディアスの『メキシコ征服記』とか他の何かとかでも見たけれど、友達という設定なのは『マリアベッキアーノ』以外にあるんでしょうか? 私は寡聞にして……って、ストーップ! それ以上はまた今度にしろ今度!

ところで、副鼻腔炎の治療はまだ終わりそうにありません。
投薬はとりあえず症状は治まっているからということでいったん止めてもらいましたが(副作用の方がうっとうしいし)、2~3ヶ月後にまたCT撮りに来いとのこと。

原稿が進まない…娘が寝てくれない……。
せっかく夕飯の片づけが早めに終わったからまとまった時間が取れるかと思ったのに、台無しですよ。
それと、原稿とは直接関係はないけれど、スーパーで買い物してる時にカートから立ち上がるのはやめて欲しいです。
カートから飛び降りようとして叫び暴れる娘を取り押さえようとジタバタするの、疲れるし恥ずかしいし。
カートとかベビーカーとか、自分で押すのが好きなのは解ってるけれど、それじゃ買い物ができないんだよ娘よ……と言っても納得してくれる年でなし。
他所もみんなこうなんでしょうか? 買い物中にお母さんの顔面を引っかく子供なんて見たことないから判りません。

かわいいんだけどなぁ、かわいいんだけどなぁ、かさぶたができるほど噛まないでおくれよ。

仮面ライダーW、これまでの平成ライダーとはまた違った雰囲気で、これからどうなるのか楽しみです。
塚田プロデューサーの作品はデカレンジャーが好きでした。
そういえば、ディケイドの映画まだ観に行ってない…あのTVの方の最終回はあまりに終わってないので気になってはいるんですが、いかんせん時間や用事やその他もろもろの折り合いがなかなかつかず。

Proudly powered by WordPress. Theme developed with WordPress Theme Generator.
Copyright © Tasteless Blog. All rights reserved.