Tasteless Blog

あああ、なんかナワトル語の辞書引いてるうちにアステカ絵描きたい欲がムラムラと。
いい加減Myケツァルコアトルも表に出したいしなぁ。あ、私はケツァルコアトル自体は嫌いじゃないんですよ、ケツァルコアトルばかりが善神として持ち上げられるのは嫌なんですけど。
しかしなんでそうなんだろうとつらつら考えるに、「アステカ文化には興味があるけれど人身供儀には嫌悪を覚えていたところ、人間の生贄を拒否した神もいたという話を知りホッとした西洋人(この場合、日本人も「西洋人」のくくりに入れていいと思う)」の影を感じてしまうから、なんだろうかと。
私としては、その伝承はスペイン人に征服された先住民が「みんながみんな生贄大好きだった訳じゃないです! 生贄を拒否する方もおられました!」とアピールするために作ったないし誇張したものなんじゃないかと思ってます。それが成立した当時の状況等と切り離してテキストのみを見ようとするのは無理があるだろうということで。
ケツァルコアトルが人身供儀を行っている図のある絵文書とか、テオティワカンの羽毛の蛇(テオティワカンが栄えていた頃はケツァルコアトルという名前ではなかったかもしれないのであえてこう書く)の神殿から出た生贄にされたと思しき人骨とか、そういうものも残ってるし。


旦那が描いたマリオ。
私より上手いのに本とかサイトとか作ってないのはもったいないと思います(←無茶言うな)。

——————————————————

『地雷バトン』幸長さんのところで踏んだのでやってみます。

・地雷バトンです。
・見た方は必ずすること。
・長いのでお暇な時にどうぞ。

◆名前:約翰(ヨハネ) / Lajos Jancsi(ラヨシュ=ヤンチ)
◆誕生日:『魔界帝国』のマリオと同じ
◆出身地:晴れの国
◆現在地:晴れの国
◆職業:主婦
◆血液型:AB
◆性格:興味のあることはやるなと言われてもやるけれど、興味のないことはやれと言われても面倒臭がる(たいていはなんだかんだ言いつつやるけれどでもやっぱり面倒臭い)。かなりネガティブ。いじけがちだが妙なところで野心を燃やしていたりする(実は表裏だと思う)
◆身長:表向きは150cmはあるということにしている
◆体重:……痩せないとなぁ……
◆髪色:地毛のままの暗褐色。昔のように赤とか緑とかに染めたいと思うことが今でもたまにある(さすがに実行はしないけど)
◆利き手:右
◆お小遣:大事に使わないとね
◆誰に似てる?:安達祐実とよく言われる
◆女爪or男爪:女爪
◆好きなアーティスト:BUCK-TICK
◆好きなアニメ:米のマリオアニメはコクッパが毎回たくさん出ているので見ていて辛くなるほどです。でも好き。それと『ビックリマン2000』、DVD化して欲しいなぁ
◆好きなドラマ:今放送中のだと特にない
◆好きな食べ物:チョコレート・肉
◆好きな飲み物:カクテル作りにハマってる
◆好きな場所:邪魔されないところ
◆好きな色:黒・赤・銀
◆好きな服装:ゴシック。でも普段はゴシック感の欠片もない気の抜けた格好しかしてない
◆習い事(現在or過去):子供の頃、バレエとかピアノとかペン習字とかやっていた
◆初恋、告白した回数、告白された回数、キス:自慢するほどのもんじゃないよ
◆聞きたい曲:ルドウィッグ=フォン=クッパ作曲『クッパ交響曲』
◆観たい映画:『超電王』、引き際を間違った感プンプンではあるけれど、でもやっぱり観たい(つくづく東映の思う壺だなぁ)
◆読みたい漫画:『Nintendo Comics System』シリーズのマリオコミック
◆行きたい場所:「クッパの子供はコクッパ7兄弟」な世界
◆日課にしてること:英語を読むこと
◆気になること:再入院することになった父の容態
◆親友と呼べる人:学生時代の友人とは細く長く付き合いが続いていると思う
◆持ってる漫画:最近買ったのは『舞勇伝キタキタ』
◆朝型or夜型:夜型
◆携帯機種:『Biblio』でもタッチパネルには未だに慣れない
◆アラーム音:携帯プリセットのをそのまま
◆よく見る番組:ニュースコア6岡山
◆よく読む雑誌:ジャンプSQ.
◆起床時間:午前7時ごろ
◆就寝時間:午前3~4時ぐらいが多い。睡眠不足は美容やダイエットの敵だとは思うけれど、娘が起きている間は自分の用事はほとんどできないので仕方なく
◆入浴時間:1時間弱
◆回す人3~5人:やってみたい方はご自由にお持ちください

BUCK-TICKの『独壇場Beauty』を買いました。
いやぁいいですねこれ。一発で気に入りました。なんかすごいノれる。
かっこいいです。むしろダサかっこいい。ダサかっこいいが極まってる。だからかっこいいんです。
「オーマイガッ 神様も使えないな それなら勝手にやっちゃえ」というくだりがとっても今の気分。ええまぁつまりその。
 

先日カクテルを自作しましたが、アレ味はまぁいいんだけど夏って感じで今の季節らしさはないよね……などと思い、また別のを作ってみました。
 
<試作品2号>
 ・クレーム=ド=フレーズ…20ml
 ・チェリーブランデー…10ml
 ・スパークリングワイン(白)…適量
 ・飾り用イチゴ…1個

(1) クレーム=ド=フレーズ・チェリーブランデーをシェイク。
(2) フルート型シャンパングラスに注ぎ、スパークリングワインで満たす。
(3) グラスのふちにイチゴを飾る。

 
イチゴとサクランボでかわいらしく春らしく。スパークリングワインで華やいだ雰囲気に。
もっとも、割るのは普通の白ワインでもおいしいだろうし、もっと軽いのがいいならソーダにしてもいいかもしれません。その辺は好みや状況に応じて。
なお、(1)の段階で飲んでもそれはそれでおいしいと思いますが、軽めのものということで考えていたので(2)も加えました。

 

余談ですが、イチゴというと妹を思い出します。
「あたしは本当にただ単にイチゴが好きなだけなんだけど、かわいこぶってキャラ作ってるって思われそうなのが嫌だ」とかなんとか言ってたっけ。
そんな彼女の姉は、好きな食べ物を訊かれて「肉」と答え相手を狼狽させてしまった女ですが。極端だなぁ……。
妹夫婦のウェディングケーキがイチゴたっぷりだったのはきっと彼女の要望だったと思います。

コクッパを描く合間にちょっとスーザン=ギレスピーの『The Aztec Kings』をめくっていたところ、前の持ち主がアンダーラインを引いた箇所がいくつか見つかりました。
ちょうど調べようとしていた辺りなので、特に重要そうな記述を拾い読みする助けになるかもしれません。っていうか、こういうアンダーラインとかメモとかの書き込みというのもまた古本の楽しみだと思います。
もっとも、程度というものはありますが……例えばケツァルコアトルのトレードマークであるとんがり帽子がとぐろ巻きウンコに描き換えられているとかそういう落書きがあったら、さすがに嫌ですけど。
……あ、前の持ち主の名誉のために断っておきますが、実際にそんなしょうもない落書きがされていた訳じゃありませんよ。

娘の昼寝中にコクッパを描いていたんですが、描き上げる前に目を覚ましてこっちに来てしまいました。
しかし、「クッパ! かわーいい!(※娘はコクッパのこともクッパと言う)」と無邪気に喜ぶ娘を見ていると、なんかこう胸の奥が疼きますね。鈍痛というか。

米アニメはヒアリングが苦手なため十分に楽しめているとは言いがたい状態ですが、かろうじて聞き取れた部分を自分ならどう和訳するかと考えるのはなかなか面白いです。
ああそれにしても『にじのまんなか』再始動はいつになるやら……いや、弱気になっちゃ駄目だ……。

そしてコクッパ絵は未だ未完成です。

以前の日記で「イツトラコリウキは青のテスカトリポカ」という説のソース求むと書きましたが、どうやら出所は『ロード絵文書』13頁なんじゃないかという気がしてきました。『Los Dioses…』に『ロード絵文書』の青のテスカトリポカの絵が引用されてるんですが、これが目に包帯を巻いたテスカトリポカ(テスカトリポカ=イシュキミリ)なんですよね。イツトラコリウキもイツトラコリウキ=イシュキミリと呼ばれるし、テスカトリポカとイツトラコリウキは確かによく同一視されますが、しかしたいていは黒のテスカトリポカなので、なぜここでは青のテスカトリポカなのか気になります。
 
 
 

先日、入院していた父が無事退院しました。
またいずれ集まってお祝いをすることになるんでしょうが、その時には私もカクテルなどふるまおうと思います。
で、女性陣向けの軽めで甘いものについて考えておりました。いつもカルーアミルクとかカシスオレンジとか、同じようなものばかりで変りばえしないのじゃつまらないかな、と。でもレシピ衆なんか見ててもちょっとその辺のお店じゃ売ってなさそうな材料がちょくちょく出てきたりするので、簡単に作れそうなものというと結構限られてくるかな、じゃあ自分ででっち上げてみよう、と何故そうなるな発想に至りさっそく実行。
 
 ※ 以下備忘 ※
 
 
<試作品1号>
 ・ココナッツリキュール…30ml
 ・ウォッカ…30ml
 ・アマレット…1tsp
 ・パイナップルジュース…適量
 ・メロンシロップ…2tsp
 ・飾り用パイナップルスライス…1切れ

(1) ココナッツリキュール・ウォッカ・アマレットをシェイク。
(2) 氷を入れたグラスに注ぎ、パイナップルジュースで満たしてステア。
(3) メロンシロップを底に沈め、グラスのふちにパイナップルを飾る。

有名なトロピカルカクテル「チチ」のアレンジみたいですね(←他人事みたいに言うな)。アマレットは私が好きなので入れてみました。アルコール度低めにするならウォッカ抜きで作った方がいいかも。
 

ところで、カクテルの語源には諸説ありますが、「メキシコでカクテルを王に勧めて寵を得たHochitlという娘にちなむアステカ語(原文ママ)xoctlからとする」なんて話もあるんですね(『ランダムハウス英語辞典』より引用)。でも娘の名前、Hochitlというスペルはナワトル語っぽくないから、正しくはXochitlなんでしょうか? それなら「花」という意味なんですけど。

更新履歴に載せるほどのことではないのですが、「ショロトルが泣いたのは、」の不正確な記述を一部削除しておきました。
メツトリ(テクシステカトル)って男だったり女だったりするのか……センテオトルもそんな感じでしたっけ。アステカの神々の性別ってどうなってるんでしょう?
テクシステカトルといえば、トラロックとの関係もですがテスカトリポカとの関係も気になります。テクシステカトルとテスカトリポカが同じ胸飾りをつけて描かれるのは、夜の神性つながりからだとかなんとか。
同じ装身具といえば、『ボルジア絵文書』に見られるケツァルコアトルの装身具をつけたテスカトリポカは、彼の夜の風(ヨワリ=エエカトル)としての面を表わしているらしいですね。

娘がビッグ=マウスの真似をするようになりました。

ああそれにしても、資料の翻訳が進みません……アステカもコクッパも……時々、なんで私こんなことしてるんだろう英語超苦手なのに、といった疑問に駆られて仕方ありません。
いやまぁ、好きだからなんですけど。

各所で話題の『NSMBWグミ』ですが、先日近所のスーパーに入っていたので1つだけ買ってみました。いえ、本当はコクッパコンプしたいのはやまやまだけれど、家族の食卓を預かる者としてはそんなにお菓子ばかり買う訳にはいかないので。
そのたった一つを開封したところルドウィッグが出てきたので運命を感じました。
……たった一つ、のつもりだったんですが、その後、別の買い物の際に娘が勝手に買い物籠の中に放り込んでしまったため気付かないうちにもう一つ買わされてしまいました。まぁこれだけ返品しにいくのも面倒臭いし、と思いつつ開封したところルドウィッグが出てきたので運命を確信しました。

さて、そんな運命で結ばれたルドウィッグに関して、バトンを回していただいたので回答してみます。

【指定バトン】

※注意
指定者以外は絶対にやらないで下さい。いつ回ってくるかのバトンなんで!
※回してくれた人から貰った『指定』を『』に入れて答える事

指定『ルドウィッグ』

 1.最近思う『ルドウィッグ』
日本のマリオファンの多くはルドウィッグのことを余り頭が良くないと思っているっぽいのは何故でしょう?

 2.こんな『ルドウィッグ』には感動
いつの間にやらふんばりジャンプを習得していたルドウィッグ。きっとかなり努力したんでしょう。

 3.直感的な『ルドウィッグ』
音楽の才能、とか……? いまいち設問の意図がつかみにくいなぁ、これ。

 4.すきな『ルドウィッグ』
未来の大魔王なルドウィッグ。たいていのルドウィッグは好きですが、これは特にテンション上がりますね。

 5.こんな『ルドウィッグ』は嫌だ
「クッパJr.が現われるまでの間大魔王クッパの副官だった」と言われるルドウィッグ。

————————————————————————————————————

  ラヨシュ発狂中につき、しばらくお待ちください。

————————————————————————————————————

 6.この世に『ルドウィッグ』がなかったら…
私はラヨシュではありませんでした。っていうかむしろ、私がルドウィッグでした。

 7.次に回す人。6人(『指定』つきで)
・egyptfreak1さん→ラー
・Floridian-Bunnyさん→ ルドウィッグ
・LeOnOkOoPaさん→ レミー
・maklodsさん→ ルイージ
・Pharaoh-chanさん→ イギー
・PoPandaさん→ ロイ
よろしくお願いいたします!

 8.指定した人の名前をタイトルにする
OKです!

<拍手返信>

(さらに…)

今日は珍しく県南でも雪が降りました。
みぞれに近いビチョビチョな雪だったので、娘を遊ばせてやる訳には行きませんでしたが。
ちょっとだけど積もった

カツオ節を食べて舌なめずりする娘が猫に見えて仕方ないんですが、その娘はクーティ=パイ(米アニメ版ウェンディ)のことを猫だと思っている模様。
そして、床に寝っ転がって駄々をこねているのを見て、転んで痛いから泣いているのだと解釈しているようです。
……って娘よ、それはお前さんがしょっちゅうやっていることじゃないか。外でやられると親としてはとても恥ずかしいんですが。
にしゃい。
16歳になっても床に転がって駄々こねるなんて子にはならないでおくれよ……。

久し振りにウィツィロポチトリを描きました。
いつもはやたらテスカトリポカばかり描いてますが、約翰の絵でこのアステカの神様を見てみたい、なんてのありますか? 確約はできませんが、何かの折に描けたらいいなと思いまして。

『SMB3』の米アニメを観ております。とても楽しいですが、同時に込み上げてくる怒りや悲しみを抑えることができません。
このやり場のない気持ちをどこにぶつければいいのか……捨てられるものならそうしたいですよ、こんな鬱陶しいもの。もっとも、それを捨てるということは同時に『にじのまんなか』の存在意義をも放棄することになってしまうのですが。
ところで、『SMB3』のDVDを娘に見せてみたら、「ミッキー! ミッキー! みるぅ!」と喜んでおりました。ミッキー……まぁ、「アメリカ製のアニメ」という部分は合ってますよね。幼児だからと侮れません。

悪夢のギャラリーのことを考えていて、ふと思い立ちアステカの絵文書の図像学に関するスペイン語の論文を見てみましたが、当然読めません。かろうじていくつかの単語が判るぐらいです。
図の解説を見て、「ああアレはやっぱり見間違いじゃなかったんだな、よかったよかった」と安心したものの、本文がちょっとしか読めないのでやっぱり不安。

っていうかそれより先に読まないといけない英語テキストがいっぱいあるだろうが。
TOP絵も早く何とかしないとなぁ。

それにしても、アステカの絵文書はあちこちでドバドバ血が出てますね。凄惨な情景のはずなのに、なぜかあっけらかんとした印象を受ける不思議。

Proudly powered by WordPress. Theme developed with WordPress Theme Generator.
Copyright © Tasteless Blog. All rights reserved.