Tasteless Blog

以前の日記で「イツトラコリウキは青のテスカトリポカ」という説のソース求むと書きましたが、どうやら出所は『ロード絵文書』13頁なんじゃないかという気がしてきました。『Los Dioses…』に『ロード絵文書』の青のテスカトリポカの絵が引用されてるんですが、これが目に包帯を巻いたテスカトリポカ(テスカトリポカ=イシュキミリ)なんですよね。イツトラコリウキもイツトラコリウキ=イシュキミリと呼ばれるし、テスカトリポカとイツトラコリウキは確かによく同一視されますが、しかしたいていは黒のテスカトリポカなので、なぜここでは青のテスカトリポカなのか気になります。
 
 
 

先日、入院していた父が無事退院しました。
またいずれ集まってお祝いをすることになるんでしょうが、その時には私もカクテルなどふるまおうと思います。
で、女性陣向けの軽めで甘いものについて考えておりました。いつもカルーアミルクとかカシスオレンジとか、同じようなものばかりで変りばえしないのじゃつまらないかな、と。でもレシピ衆なんか見ててもちょっとその辺のお店じゃ売ってなさそうな材料がちょくちょく出てきたりするので、簡単に作れそうなものというと結構限られてくるかな、じゃあ自分ででっち上げてみよう、と何故そうなるな発想に至りさっそく実行。
 
 ※ 以下備忘 ※
 
 
<試作品1号>
 ・ココナッツリキュール…30ml
 ・ウォッカ…30ml
 ・アマレット…1tsp
 ・パイナップルジュース…適量
 ・メロンシロップ…2tsp
 ・飾り用パイナップルスライス…1切れ

(1) ココナッツリキュール・ウォッカ・アマレットをシェイク。
(2) 氷を入れたグラスに注ぎ、パイナップルジュースで満たしてステア。
(3) メロンシロップを底に沈め、グラスのふちにパイナップルを飾る。

有名なトロピカルカクテル「チチ」のアレンジみたいですね(←他人事みたいに言うな)。アマレットは私が好きなので入れてみました。アルコール度低めにするならウォッカ抜きで作った方がいいかも。
 

ところで、カクテルの語源には諸説ありますが、「メキシコでカクテルを王に勧めて寵を得たHochitlという娘にちなむアステカ語(原文ママ)xoctlからとする」なんて話もあるんですね(『ランダムハウス英語辞典』より引用)。でも娘の名前、Hochitlというスペルはナワトル語っぽくないから、正しくはXochitlなんでしょうか? それなら「花」という意味なんですけど。

Proudly powered by WordPress. Theme developed with WordPress Theme Generator.
Copyright © Tasteless Blog. All rights reserved.