Tasteless Blog

コクッパを描く合間にちょっとスーザン=ギレスピーの『The Aztec Kings』をめくっていたところ、前の持ち主がアンダーラインを引いた箇所がいくつか見つかりました。
ちょうど調べようとしていた辺りなので、特に重要そうな記述を拾い読みする助けになるかもしれません。っていうか、こういうアンダーラインとかメモとかの書き込みというのもまた古本の楽しみだと思います。
もっとも、程度というものはありますが……例えばケツァルコアトルのトレードマークであるとんがり帽子がとぐろ巻きウンコに描き換えられているとかそういう落書きがあったら、さすがに嫌ですけど。
……あ、前の持ち主の名誉のために断っておきますが、実際にそんなしょうもない落書きがされていた訳じゃありませんよ。

Proudly powered by WordPress. Theme developed with WordPress Theme Generator.
Copyright © Tasteless Blog. All rights reserved.