Tasteless Blog

アステカの方で次にやるネタはだいぶ絞れてきたんですけど、『にじのまんなか』の方の作業が頓挫したまま……集中している間はガーッとやれるんですけど、一度集中力が切れたらまた集中力が戻ってくるまで一苦労なんですよ。
ああ、どうかラヨシュを焚きつけてやって下さい。

うおおおおおおお絵が描きてぇ~考察してぇ~でも時間がねぇえええええええ!
しかもこんな時に限ってネタが降ってくるとか!
書きかけのあれとかそれとかも何とかしたいのにまったくもう!

……リアルでこんなこと叫ぶとヤバいので文字にて失礼。
オルメカ展の図録もろくに読めてませんよせっかく買ったのにまったくもう。
返信等滞っておりまことにすみません。
とりあえず約翰/ラヨシュの近況はこんな感じであります。

イベント等でお相手してくださった皆様、ありがとうございます!

さて約翰の近況ですが、オルメカ展に行ったからテスカトリポカについてもっと調べたくなったり、ビックリマンオンリーに行ったからプロペチをもっと書きたくなったり、スーパーでの買い物のついでにちょくちょく遊んでるからゲッテンカについてもっと知りたくなったり、和月先生の『エンバーミング』のコミックスを読んだから久し振りに切り裂きジャックについて語りたくなったり……このところ創作意欲が刺激されまくりで、でもその意欲をなかなか形にできなくて悶々とする日々。
でもまぁ、刺激がないよりは全然マシです。ラヨシュが休眠状態なのも要するにそういうことだし。

オルメカ展は規模こそこじんまりとした印象でしたが、興味深いものが多かったです。後に栄えたマヤ文明などにも通ずる要素がいろいろ見られましたが、一方で独特のオルメカテイストもしっかり感じられたのが面白いです。
気になることがいっぱいあって、書きたいけれどろくに調べられていないので、詳細は機会があれば。
でもちょっとだけ……オルメカと聞いて多くの人が真っ先に思い浮かべるであろう巨石人頭像はやはりインパクトがありましたが、個人的にもっとも印象に残った展示品は黄鉄鉱の鏡でした。ごく小さなもので装飾もなく、それ自体は地味な遺物ですが、何しろ約翰はテスカトリポカ好きなもので。解説文の、「鏡は(中略)魔術的な力があると信じられ宗教儀礼に使われていた」というくだりに関しては容易に想像できるんですが、その後の「また、戦士のシンボルとしての意味も考えられている」というのが気になって。なぜ戦士のシンボルと考えられるのか、その根拠がよく判らないんです。そういえば、アステカの絵文書『バチカンA絵文書』『テレリアーノ-レメンシス絵文書』に、テスカトリポカの足の鏡から這い出るヘビと共に水と火が吹き出している図があるんですが、水と火アトル-トラチノリとは戦争の象徴なんですね。テスカトリポカは魔術師の神でもあるけれど戦士の神でもあるし、これも何か関係があるのか……そういえば、オルメカのジャガー神がテスカトリポカの原型という話もあったような。この辺もうちょっと調べてみましょう。

そうそう、会場出口のところには被り物を装着して記念撮影ができるコーナーがありました。下の写真に写っているのははジャガー神像の頭部を模したマスクです。

「ガムテープ」のコメントに返信いたしました。遅くなってしまいすみませんでした。

『Superビックイベント』、私こと約翰のサークルC-7(ツェーズィーベン)は「トンガラテス-5」にてスペースを取っております。
久し振りの東京オンリーなので何か出したい……んですが、作業が進まねぇえええええええ! まぁギリギリまで足掻くつもりではありますが、考えるだに嫌な汗が出るなぁ。とりあえず、書き上げるまで『フィレンツェ絵文書』はお預けな。

話は変わりますが、DSゲッテンカの予約特典。ビックカメラ&ソフマップ限定でマサムネ、トイザらス限定でユキムラとか、そういうのやめて欲しいなぁ。ゲーム自体は楽しみなんですけど。
ところでゲッテンカ公式サイトの4コマ、……三成ィ――っ! 天才と何とかは紙一重っていうか、むしろもう何とかの方に行っちゃってないかというか……でもゲッテンカの三成は好きです。カードは未入手ですが。それにしても、前回のといい公式4コマ、なんか肌の露出が多くないですか? いいぞもっとやれ。

Proudly powered by WordPress. Theme developed with WordPress Theme Generator.
Copyright © Tasteless Blog. All rights reserved.