Tasteless Blog

一日遅れで届いた『歴史大戦ゲッテンカ 天下一バトルロイヤル』ちょっとだけですがやってみました。
アクションゲームやるのなんて何年ぶりかという状態なのでチュートリアルですら苦戦している有様ですが、ぼちぼち進めていければと思います。ストーリーモードが楽しみです。
下の絵は、だいぶ前に描いてはいたけどサイトに上げそびれていたウッキー。

※ 流血・グロ注意 ※

↑ 井上大助先生の代表作『はじけて! ザック』の悪役・白川ユダ。物語の舞台となる町を我が物のごとく扱いさらには日本の政財界をも牛耳る白川市長のひとり息子で、父親の権力と己の「不死身の肉体」に物を言わせてやりたい放題の不良少年。卑劣・残酷・嗜虐的、とんでもないゲス野郎っていうかそんな言葉には収まりきらない狂気がだだ漏れの危険人物っていうかひょっとしたらもはや人間ですらないかもしれないっていうかなんかもうそんな存在。1人で全部持って行きかねないインパクトの塊。『コミックボンボン』は児童誌だってのによくもまぁここまでやれたよっていうはじけっぷりで当時の子供たちにトラウマを残しまくったとか。

……いえ、前回の記事の続きになりますけど、井上大助先生のことが気になって検索してみたら、「代表作『はじけて! ザック』はトラウマ漫画として有名」だということが判りました。自分の嗅覚がちょっぴり恐ろしくなりつつも、その『はじけて! ザック』に興味が湧いたので、読んでみたくなりさらに調べたところ、コミックスの古本はプレミアが付いているけれど電子書籍として復刻されたものはリーズナブルだったので、購入して読んでみました。で、すっかり白川ユダに心奪われてしまいこの記事です。
詳しい説明はこちらのサイトを参照していただきたいのですが、まぁとにかく児童誌にあるまじき怒涛の過激バイオレンススプラッタ描写。いや、最初のうちは、スケベで喧嘩好きな野生児で超金持ちの日系ブラジル人の少年ザック(本名:地蔵河原作左衛門)が繰り広げるコメディタッチの格闘漫画だった……んですが、ユダがボクシング部に殴り込みをかけてきたとたんに血みどろバイオレンス格闘漫画と化してしまいました。しかもその後、白川家は魔王の力を借りてさまざまな悪事を働いていたことが判り、そこからザックと魔王ドゲス軍団との猟奇的SFバトル漫画に……一応ちゃんと段階を踏んだ上でこういう展開になっているので、読んでいてそれほど唐突感はないんですが、改めて書き出してみるとやっぱりすごい。
っていうか、やっぱり特筆すべきはユダの凶行の数々ですよ。ザックとはじめて対峙した際の、「割れた窓ガラスに腕を突っ込んで裂けた傷をホッチキスで閉じて止血」「ザックの愛亀ペムを握りつぶす」といった暴挙はこの漫画を代表するトラウマ描写なんですが、話が進むにつれ「あの頃はまだまともだった」と思えてくるのが恐ろしいです。むしろこんな狂った奴が児童誌で大暴れしていたという事実が恐ろしいです。
それにしても、こうした描写の数々を見ていると、井上先生は『世界の歴史』でも剣闘士の試合とかキリスト教徒の処刑とかをもっとがっつり描きたかったんだろうなぁ、と思わずにはいられません。っていうか描いて欲しかった……って、さすがにそれは学習漫画の域を逸脱しすぎだってば! あ、そうそう、いくら私でも「死んだはずのネロがゾンビ化して復活」なんて展開は勘弁してくださいと言わずにはおれません。確かに、ネロの死後かなり経ってからネロを自称する謎の人物が現れたという記録はあるんですけど、だからといって。

……「ああ、いかにも約翰が好きそうな漫画だな」とお思いのことでしょう。まったくその通りです。何しろ伝説のトラウマ漫画ゆえ誰にでもお勧めはできませんが、興味がおありの向きは一読されてみてはいかがでしょうか。っていうか、誰か語って~! 語り合って~!

胡瓜の花

11月 19th, 2010

リアル生活のごたごたですが、結局なんだかうやむやにされそうな気配です。勢いでつい無茶を言ってしまったものの、よくよく考えたら実行されたら困るのは自分だと気付いたんでしょうか。「骨のない奴」「あんだけ盛大に逆切れかましといてねぇ」と旦那と顔を見合わせました。

先日読んだ『テルマエ・ロマエ』が面白かったので、ここしばらく約翰内部で古代ローマがプチブーム。
古代ローマに関しては元々、エジプトやメソアメリカのようにがっつりハマるというのではないけれど、ゆるゆるとした興味を抱いておりまして、そんな訳で蔵書を引っ張り出してちょこちょこ読み返してました。
フィリップ=ファンデンベルクの『ネロ 皇帝にして神、芸術家にして道化師』(平井吉夫訳/河出書房新社/1990)も久し振りに読みましたが、やっぱり読みやすくて面白いですね。ファンデンベルクといえばネフェルティティとかの古代エジプトものが有名ですけど、こちらもなかなか。以前、オリエント美術館に河合望先生が講演にいらした際の質問コーナーにて「ネフェルティティはミタンニの王女だという説が一般に広まったのはファンデンベルクの影響が大きいんじゃないかと思うんですが、彼の本ってどうなんですか?」と訪ねてみたら「あれは読み物だから……」といった返答を頂きましたが、「読み物」だからこそ彼の本は面白いのかもしれない、とふと思いました。
 ローマ、紀元後54年10月12日。
「サルタトリケス!」
 皇后アグリッピナの甲高い声が宮殿の廊下に響きわたった。「踊り子たちよ、お召しです! サルタトリケス!」
 亡霊のように、アグリッピナは、裾長の白衣に金糸を織りこんだ衣装をひらめかせて、皇帝の寝室へ通ずる回廊を駆け抜けていった。ざわめき、さざめき、小さな鈴の音――笑いさざめきながら、軽やかな足取りで、ひとむれの半裸の娘たちがあらわれた。美少女たちが身につけているものといえば、皮紐とリボンと数条の細い金の鎖だけ、鎖が壁の松明の明かりに映えてきらきらと輝いた。
 アグリッピナはもどかしげに手をたたき、皇帝の寝床にかかる重々しい帳を指し示した。ローマ世界帝国の皇帝にして神なるクラウディウスが、夜も更けてから踊り子を所望するのは珍しいことではなかった。(後略)

これは『ネロ』の冒頭ですが、「講談師、見てきたような嘘を言い」の類だよなとは思いつつも、臨場感にぐいぐい引き込まれてしまいました。「統治の最初の日にも、ネロはパラティウムの警備隊長に『最高の母』という合い言葉を与え、以後しばしば同じ臥輿で母と一緒に道路を運ばれていく」というスエトニウスの記述を「ローマ世界帝国皇帝としての、あわただしい第1日目を終えて、ネロは自分の将来をじっくりと考えた。喜びとはほど遠い気分だった。あっという間に、あらゆる夢が泡と消えてしまったようだ。唱うかわりに演説をさせられ、詩を書くかわりに死刑判決に署名しなければならず、戦車競走のかわりにわずらわしい属州巡視の旅がひかえている。もう彫刻家として世界的名声を博すことはできないだろうし、俳優や舞踏家になるという望みも、すべて葬り去らねばならない。母がそうせよと言うのだから。本人の意思を聞きもせず。 宮廷警備の副官が、ネロを夢想から引きもどした。『皇帝陛下、今夜の合い言葉は何といたしましょうか?』――ネロはしばらく考えていたが、やがて、ためらいがちに言った。『母は最高なり!』」とまで膨らませる手腕は、二次創作者として見習いたいものであります。
ところで、ネロといえば「暴君」として有名ですが、その悪評は「はじめてキリスト教徒を弾圧した皇帝」ということに起因するところが大きいようですね。実は血を見るようなことはあまり好まなかったとかなんとか。なんだけど、史実を捻じ曲げる勢いで「暴君ネロ」のステレオタイプを前面に押し出してたのが『集英社版・学習漫画 世界の歴史2 アレクサンドロス大王とカエサル』(本村凌二監修・井上大助漫画/集英社/2002)でしたね。ストーリーを「解りやすく」まとめるためにあえてそうしたんだろうけれど、学習漫画としてそれはアリなんでしょうか……とか言いつつ、一方でそのベタベタな暴君っぷりが楽しいと思ってもいる私。っていうか、「ストーリーの都合」にとどまらない禍々しさにゾクゾクします。もっとはっきり言うと、キリスト教徒を猛獣に喰わせるのを観賞しているネロが玉座の肘掛けに持たせかけた右手の指の力の入り具合に惚れました。実にいい感じにイヤなんですよ。そもそもこの漫画、他にも不審不穏な描写が散見されるんですよね。例えば、シルエットのみですが口から肛門まで槍で串刺しにされているらしき兵士の死体とか。小学校の図書室にも置かれるであろうような本にわざわざそんな絵を描かねばならない必然はどこから来たのか?
……とまぁそんな訳で、この漫画にある種の「ニオイ」を嗅ぎ取った私は、漫画担当の井上大助先生について検索してみたんですが、それについてはまたの機会に。
下のイラストは『集英社版・学習漫画 世界の歴史2』版の皇帝ネロ。

鏡越しに交わる視線

11月 14th, 2010

11/14は『悪夢に夢を見るな』開設記念日ということで、TOP絵更新しておきました。
なんだかんだでもう6年もやってるんですね、これからも(自分が)楽しい(と思った)ネタをいろいろ書いていきたいです……と思ってたんですが、突如発生したリアル生活の方のごたごたのお蔭で祝賀気分は吹き飛んでしまいました。
閲覧者の方々にとってはひたすらどうでもいい話なので詳述はしませんが、我々夫婦の言い分としては「いきなり呼びつけといて『なんでよこさないんださあ早くよこせお前のものは俺のもの!』なんて納得できないよ、『分けてもらえませんか?』ならともかく」ってなもんです。馬鹿馬鹿しいほど些細なことがきっかけだったんですが、その些細なきっかけで積年の不満鬱憤が噴出して大騒ぎ。もう疲れたっていうかげんなりです。娘はおびえて泣き出すし。どういう形で収拾つけるんだろ……。
とまぁそんな訳で、リアル生活のごたごたからサイト運営の方にも支障が出る恐れがありますことをご報告しておきます。
……なんでこうなるんだろうなぁ、サイトぐらい楽しくやりたいのに。

マンダル図形

11月 12th, 2010

先日書いた、第5弾が始まっているにもかかわらず第3弾のままだったゲッテンカの筺体が、今日店に行ったら撤去されてしまってました。なんだよもう、もうすぐDS版も出るってのに。盛り上がるつもりが大いに盛り下がってしまいましたよ、ただでさえグアテマラ料理店閉店を知りヘコんでいたところだってのに。っていうか、私が好きになるものってすぐに消えてしまうことが多いんですよね、連載マンガなら打ち切りになったりとか。私は何か呪われてますか。誰か慰めてー!

アステカの暦の換算に関してですけど、365日暦の1日は夜中に始まり260日暦の1日は昼間に始まったとかトラテロルコとテノチティトラン(狭義)とは完全に一体であった訳ではなく暦にも多少の差異があったかもしれないとか、なんかややこしい……。

治療中のとは別の歯の詰め物が取れました。もう嫌だ。急遽直してもらったけれど、削られたところがまだ痛いし。

年賀絵の資料を集めてます。一番の懸念だったものは見つかったのでひとまず安心ですが、今年こそは余裕を持って描き上げたいものです。無理っぽい臭いがすでにプンプンしてはいますが。

先日行ったオルメカ展のページに「マヤ暦占い」として自分の誕生日等をマヤ暦に換算できるものがありました。それによれば私の誕生日は「9カン」だそうですが、これは「9のワニ」という意味になるようです。ナワトル語で言えば「9のワニ」は「9シパクトリ」なんですが、しかし別のアステカ暦変換サイトによれば私の誕生日は「9ケツパリン(9のトカゲ)」になるんですよね。この違いは何なんでしょう?
ところで古代メソアメリカの暦と言えば、私は『プリメーロス=メモリアーレス』などを持っているから、このサイトにも「アステカ暦占い」のコーナーなんかも作れるんじゃないかと思いました。例えば、私の誕生日「9のトカゲ」が属する「1のハゲワシ」のトレセーナは大吉だとか……ですが、西暦からの変換プログラムを自前で用意できないからやめとこうと考え直しました。それより優先順位の高いネタもいっぱいあるしね。

ああもうああもう時間がねぇええええええ! ネタは腐るほどあるのに!
サイトの更新してぇよぉおおおおおおおお!
時間がないといえば、この間NHKのBSでやってた『時空タイムス編集部 古代マヤ文明 天才少年が解き明かした謎の文字』に備えて『マヤ文字解読』でも読み返しておくかと思ってたのにそれすらできなくてさらにヘコむ。
あ、番組は面白かったです。芝崎みゆきさんも出てらしたし。
番組ナレーションが『ポポル=ヴフ』じゃなくて『ポポル=ウーフ』と発音してた辺りこだわってるなぁと感じましたね。『ポポル=ヴフ』の方が通りがいいし響きも格好いいにもかかわらず。
マヤ文字の碑文をマヤ後で読み上げていくのを聞いて無駄にテンション上がりました。
しかし、個人的に最も面白いと感じたのは、トンプソンが「古代マヤ人は天文と暦を追及する平和な民族」という説にこだわっていたのは第一次世界大戦にまつわる自身のトラウマが原因、という話です。他者に自分の理想や願望を押し付けるのも大概にしないとですね。って、どの口が言うかこの改変しまくり二次創作者めが。ルドウィッグペチカイロその他の皆ごめんなさい。
それはそうと、やっぱり「古代メソアメリカ文明といえば古典期マヤが華!」という風潮なんですかね。アステカメインでやってる私としては「後古典期にももっと注目してよ!」と思うんですが。さらに、先日オルメカ展に行ったお蔭で、「先古典期も面白そうだなぁ」と思うようにもなったのでなおのことその辺が気になります。
ああだけど、古典期マヤ以外は当時の文字がないorあまり現存してないというのが、つかみが弱くなってしまってることの一因なんでしょうか。番組でもやってたけれど、「古代文字で自分の名前が書ける!」というのはキャッチーですよね。
余談ですが、番組最後でマヤの伝統料理がスタジオに登場したのを見て、久し振りに問屋町のグアテマラ料理店に行きたくなりましたが、調べてみたらいつの間にやら閉店してたようで心底ガッカリ。……これはアレですか、どうせなら現地に行って食せというお告げですか。いつになるか分からんのですけど。

虫歯を治療したはずなのに痛みが引かず、結局神経を抜かれました。また来週も歯医者さんに行かないと。

前回の記事にてルドウィッグinSS制服を描きましたが、その後不意に、私が持っている総統大本営発表のCDの出だしにベートーヴェンの『運命』が使われていたことを思い出してしまい吹き出しました。
思い出したので久し振りに棚から引っ張り出して聴いてみました。聴きながら、そういえばここしばらくこのスピーカーからメシーカ・ティアウィ!だのドイッチュラント・エアヴァッヘ!だの言われてるけど私日本人なのにどうすんの、などと妙なことを考えてしまいました。
ああそうだ、『Flamme empor』を描いた時に参考にさせていただいたサイト、閉鎖して久しいんだったなぁ、直しとかないと……という訳で改めて調べていたら、『Flamme empor』の作曲者はKarl Ludwig Gläserだそうで。ああ、こんなところにもLudwig……。

しかしそろそろ年賀状の準備に取り掛からないといけない時期。絵を描けるような時間はなかなかないから、早めに取り掛かる必要があります。とか言ってるとまた別のネタが浮かんできて悶え苦しむ羽目になるんでしょうけど。

衣替えしないとなぁ

11月 3rd, 2010

今日のことじゃないんですが、よく買い物をしているスーパーのゲームコーナーでゲッテンカをプレイしたんですよ。そこは公式にはもう第5弾が稼動し始めているにもかかわらず第3弾のままだったんですが、先週ついにラスト1枚のカードを引きました。なので、第5弾のカードが補充されていることを期待していたんですが、果たして出てきたのは……第3弾のカード。どんだけ残っとったんじゃい?
まぁ、未入手だった通常バージョンウッキー宇喜多だったので良しとします。しかし、ウッキーの一人称は「ボクさま(ゲーム画面)」なのか「ボクしゃま(カード裏)」なのか。語尾も、これはゲーム画面もカード裏も「~でサル」なんですが、公式サイトのキャラクター紹介では「~でしゃる」になってたし。こういうのは統一して欲しいですね。そういえば、ゲーム中に奥義「熱圧おにぎり」を使ったときのテロップは「おにぎりはウッキー宇喜田がおいしくいただきました」となってるんですが、漢字変換間違ってます……。
そして、公式が名前の表記を間違えたといえば、NSMBWのルドウィッグ。ルドウイッグじゃねぇよ畜生この野郎!
と、ルドウィッグの話をしたので、ふと海外の某サイトでルドウィッグの前世は戦犯として処刑されたSS将校というネタを見たことを思い出してしまい、なんとなく描いてみました。

資料を見ずにうろ覚えで描いたため細部はあやふやですが気にしないでください。

ところで、閲覧者の方々からのメッセージは管理人の糧です。ありがとうございます。

Proudly powered by WordPress. Theme developed with WordPress Theme Generator.
Copyright © Tasteless Blog. All rights reserved.