Tasteless Blog

ああ時間が無い……年賀状も終わらん……とりあえず『テレリアーノ-レメンシス絵文書』に書かれたパンケツァリストリの解説を訳しておきます。例によって細部は適当ですが、例のごとく大体こんなもんというぐらいなつもりでお読みください。
 パンケツァリストリ
 それは12月1日に始まった。
 テスカトリポカのもうひとつの祭り、彼らはそれを年に3回祝った。
 テスカトリポカはここでは蛇の足で描かれてはいないが、彼ら(先住民)がいうにはこの祭りは彼(テスカトリポカ)が罪を犯す前のものだからで、彼が天にいた時のことであったからである。そして要するに戦いはここから来たのである、天におけるこの戦いからである。
 パンケツァリストリとは旗の掲揚を意味し、この月の間は誰もが小さな紙の旗を家に立てる。そして指導者たちと戦士たちは身を守るために同じ武器を与えた戦闘で捕らえた数人の男たちを生贄にしたものであった。そうして、彼ら(捕虜)は彼ら(メシカの戦士たち)に殺されるまで戦ったのである。この月の間メシカ人たちは彼らが神として崇めるウィツィロポチトリという彼らの最初の指導者の祭りを行った。そしてチャルコ地方ではテスカトリポカの名で呼ばれる彼らの指導者のために生贄が捧げられた。
 この月の間彼らは小さなパンの祭りを催したが、それはこのように行われた。彼らはツォアリと呼ばれるアマランスの種と蜂蜜とで大きなパンを作り、彼らのやり方で聖別した後、小さなかけらに砕いて高位の神官がそれをとても清潔な容器に入れた。そして彼はマゲイの棘を取りそれを大いなる崇敬と共に小さなパンのかけらに戻し、ある種の聖餐としてそれをインディオたちそれぞれの口に入れた。
 同じ月の間彼らは火の神シウテクトリと呼ばれる祭りをこのような方法で行った。4人の神官がそれぞれ一束のオコトル(訳注・松明)を持って神殿の頂上から降り、東そして北と西に向かって一定の儀式を行なった。そして正午の後彼らはオコトルを神殿にある火鉢の中に入れて燃やした。そして夜あるいは日中ずっと決して火鉢の火を絶やさぬようにしてこれを明かりとした。

……テスカトリポカが犯した罪って何?

< 拍手返信>

(さらに…)

おからコロッケを

12月 26th, 2010

ウィツィロポチトリについて気になることがあったので『絵によるメキシコ人の歴史』をちょっと読んでたら、ウィツィロポチトリの別名にマキスコアトル(腕輪のヘビ)というのがありました。そういえばウィツィロポチトリ、コアテペック(ヘビの丘)でコアトリクエ(ヘビのスカートの女)から生まれたり武器がシウコアトル(トルコ石のヘビ)だったり、片足がヘビになっていることもあったり、ヘビとの関係も多いですよね。片足がヘビというのはテスカトリポカのパクリ特徴を取り入れたものかとも思いますが……そうだ、テスカトリポカの片足とパンケツァリストリの祭りの関係も調べたいと思っていたんでした。パンケツァリストリの祭りっていうとウィツィロポチトリのイメージが強いんですけど、でも『テレリアーノ-レメンシス絵文書』だとテスカトリポカが描かれているんですよね。もっとも、鳥の頭飾りや腰飾りはウィツィロポチトリの特徴っぽいですが。『バチカンA絵文書』の同じ図に付けられたテキストの内容が知りたいです。しかし私にはスペイン語の古文書を直接読む能力は無いんで、手出しができないのがもどかしいです。

ガムのことを調べついでに『フィレンツェ絵文書・第10書』の他のページもパラパラめくっていたら、トゥーラの神官王ケツァルコアトルがケツァルコアトル神には蛇と蝶のみを捧げよと言ったみたいな記述があったので、ギャラリーのケツァルコアトル神の解説をちょっと書き直しました。しかしこのエピソードにはテスカトリポカは絡んでこないみたいです。逆に、『フィレンツェ絵文書・第3書』収録のテスカトリポカ・ウィツィロポチトリ・トラカウェパンの3人組が出てくる方の話には人身供儀禁止のことは書かれていないのでした。
ざっと目を通しただけなので、いずれもっとちゃんと読みたいです。
それにしても、神官は仕える神の名で呼ばれたという当時の習慣は我々にとってはややこしいですね。

話は変わりますが、クリスマスだから2Pカラーボンバー松永でゲッテンカやりたいなと思ってましたが、時間がなくて無理でした。残念。

アステカでは公共の場でガムを噛んでいいのは子供や未婚の女性だけで、既婚女性やいい年した男が人前でガムを噛んでいると女はふしだらな女、男は女々しい男と見なされたとか。
ガム噛むのも酒飲むのもその他色々にも細かい規制が多いアステカでは、私のようないい加減な人間は生きていけませんね……自分がいかに堕落した現代人であるかを再確認した次第です。再確認しただけで大して改まらない辺りに堕落っぷりが如実に表われております。

クリスマスイブということでローストチキンなど作りましたが、そういえば作業中のBGMにテスカトリポカやらケツァルコアトルやらウィツィロポチトリやらがやたら出てたのは何かおかしかったかもしれません。こういう時ぐらいクリスマスソングかけろよ約翰。

テスカトリポカの足の話、早く調べたいけどその前に年賀状書かないと。

『双子と分身』といえば、本筋とは関係ないんですけど、オメテクトリ・オメシワトルをそれぞれ「2人の首長」「2人の女性」と訳すのはおかしいんじゃないかという気がします。「2の首長」「2の女性」という方がより正確だろうと思います。ナワトル語の名詞は単数形と複数形で形が変わるから、「2人の首長」「2人の女性」という意味ならオメテテクティン・オメシワになるんじゃないかと。だからこの本は関係ないけどマクイルショチトルは「5輪の花」じゃなくて「5の花」、チコメコアトルは「7匹の蛇」じゃなくて「7の蛇」なんだろうと思います。
……などと書いているうちにマクイルショチトルのことが気になってきたので調べていたら、頭に黒曜石の鏡をつけているらしきミクテカシワトルの絵が『コスピ絵文書』にありました。これは何なんでしょう。『Los Dioses en los Codices Mexicanos del Grupo Borgia』を見てて気付いたんですが、この本スペイン語だから読めなくてそこから先に進めません。この本の原著はドイツ語だそうですが、ドイツ語も学生時代にやってたとはいえもうずっと触れてないから忘却の彼方だし(それ以前にドイツ語版は未入手ですが)。ああ、スペイン語を覚えたりドイツ語をやり直したり、しないといけないなぁ……。
……で、マクイルショチトルはどうなったんだ約翰。

話は変わるけれど、来年1月からデジタルミュージアムで始まる『黄金の都 シカン展』行ってみたいです。
アンデスの方はほとんど知識が無いんですが、中学生の頃に(確か)天満屋デパートで見たシカンの黄金のことは憶えています。図録などは持っていないのでかなり曖昧な記憶ですが。
できればBLAMの森下館長の講演日に行きたいです。BLAMといえば、カキオコも目当てに加えて日生にまた行きたいです、今ちょうどシーズンだし。って、年内には無理っぽいですけどね。
今年はもう10日しか無いって実感湧かないけれど、いろいろとヤバいということは解ります。

来シーズンに備えて

12月 20th, 2010

「コクッパとは?」に少し加筆しました。少し安心したような余計悔しさが募るような……ああもうああもう、『NSMBW』での設定変更が憎い心底憎い!
 

久し振りに図書館で借りた『イメージの博物誌34 双子と分身 <対なるもの>の神話』(ジョン・ラッシュ著、佐伯順子訳/平凡社/1995)を読んでたんですが、ケツァルコアトルとテスカトリポカについて「ペルシア神話で彼らに相当するのは、オフルマズドとアフリマンである」と言っているのは違うと思います。ケツァルコアトルとテスカトリポカはそんな風に善悪にきっぱり分かれていて常に対立しているって関係じゃないですよね。
『フィレンツェ絵文書・第6書』の360あるというテスカトリポカの別称はその内のごく僅かしか確認できてませんが、その確認できた中には「哀れみ深き者」というのがあるようで、だからテスカトリポカは問答無用で悪いことばかりする存在じゃなくて、少なくとも同情が期待できる相手ではあるんだろうなと思うんです。同書の別の箇所では、その役職において不正を働く支配者には死がもたらされるようにというようなテスカトリポカへの祈りも収録されてるし、正義を行う者ともされてるんですよね。

そういえば、ケツァルコアトルと対立するっていえばトラロックもですが、この2者の関係ってスルーされがちな気がします。個人的には(大井邦明氏の影響が多分にありますが)第5の太陽創造エピソードの裏テーマだとさえ思ってるんですけど。

『フィレンツェ絵文書・第11書』在庫がないとかで注文キャンセルされたー!
それさえ手に入れば『フィレンツェ絵文書』はコンプリートなのに……道程はまだまだ長いです。
絵文書といえば、『テレリアーノ-レメンシス絵文書』を読んでいて気になったことがあるんですけど、今は掘り下げる余裕がないしなんか目が痛いしなので詳しくは後ほど。
ちなみに、テスカトリポカの足に関するネタです。
他にもアステカ関係の小ネタがチョコチョコ溜まってきてるんで形にしていきたいです、その前に年賀状を描かないといけないけど。
マリオネタの仕込とかペチ本のネタを練ったりとかもしてますが、しかしペチ本……今の調子じゃ2月の大阪オンリーには到底間に合いそうも無いけれど、イベント参加はどうしよう。
行きたい気持ちはもちろんあるけど、新刊はまず出せそうにないし家族等の負担もあるし、秋の東京に注力する方がいいのかなぁ……悩みます。

ししゃモンロー

12月 13th, 2010

旦那、何描いとんですか。

ああ年賀状がなかなか描けん~プリンタのインクも買っとかないとなぁ……。
先日買ったDSゲッテンカも今日届いた『フィレンツェ絵文書・第8書』もちょっとしか触れてませんよあーあ。
ゲッテンカと言えばアーケードの方も、近所のスーパーのゲッテンカ筺体がずっと故障中のためプレイできていないのでした。欲求不満……っ!


突発的に描きたくなってしまったので描きました。
玉乗りコクッパがレミーと名づけられた理由を思い付いた時は実に気持ちよかったです。

海外の「あなたはどのコクッパ?」という質問ですが、調べてみたらウチで紹介したもの以外のバージョンもいろいろありました。試してみたところ、結果がそれぞれ違っていて面白かったので、いくつかリンクを張ってみます。すべて英語ですが、興味のある向きはお試しあれ。

Which Koopaling are you? (1)
Which Koopaling are you? (2)
Which Koopaling are you? (3)
Which Koopaling are you? (4)

それにしても、海外でのコクッパの人気っぷりはつくづくうらやましい……。

<拍手返信>
(さらに…)

Deadly smell

12月 3rd, 2010

ふと思い出して『フィレンツェ絵文書・第7書』のショロトルが目を失うくだりを読み返してたんですが、ほぼ同じ内容だけどナワトル語から訳したのとスペイン語から訳したのとでは読みやすさが全然違いますね。
アステカ神話ネタもぼちぼちやりたいなとは思ってますが、実際に何かお見せできるのは年が明けてからになりそうです。
それにしても、英語苦手なのになんでこう英語必須なものにばかりハマるのか……。
英文の和訳をやっていると、原文でその単語やイディオムを選んだことに込められたニュアンスをボロボロボロボロこぼしてしまっているのが自分でも解って悔しいです。翻訳のセンスが欲しい……いや、もっと数をこなして慣れていかなきゃいけないのは重々承知ですけど。
ところで、『バチカンA絵文書』欲しいよう。同じ先住民文書に基づいて書かれたらしい『テレリアーノ-レメンシス絵文書』のファクシミリ&解説は持ってるけど、『テレリアーノ』には13層の天と9層の地下のこととかテスカトリポカとケツァルコアトルのトゥーラでの対立の話とかは書かれてないんですもん。私が持ってる『テレリアーノ』は写真は大きくて綺麗だし解説も充実してるしで気に入ってるんですが、これくらいのクオリティの『バチカンA』もあればなぁ。

Proudly powered by WordPress. Theme developed with WordPress Theme Generator.
Copyright © Tasteless Blog. All rights reserved.