Tasteless Blog

結局グレナデンシロップは先日行ったリカーショップに取り寄せをお願いしました。近所だと取り寄せ対応してくれるお店がなくて。

「1文をだらだらだらだら続けてんじゃねぇよ! いくつかに分けろよ! いつになったらピリオド出て来るんだよ!」「ああもう、どれがどこにどう係ってるんだー?」……と、『絵によるメキシコ人の歴史』のくちゃくちゃな文章に嫌気が差したので、気分転換に『チマルポポカ絵文書』(『クアウティトラン年代記』&『太陽の伝説』)を手に取ってみました。うん、こっちの方が読みやすい……この違いって、元の文章自体にも問題がありますよね?

先日話題にしたパンケツァリストリの祭りって、元々はテスカトリポカのものだったのをメシカ人がウィツィロポチトリのものにしたのだろうか、という疑念がこのところ頭から離れません。『テレリアーノ-レメンシス絵文書』に「テスカトリポカのもうひとつの祭り、彼らはそれを年に3回祝った。(中略)そしてチャルコ地方ではテスカトリポカの名で呼ばれる彼らの指導者のために生贄が捧げられた」と書かれているのが引っかかっているのです。『マリアベッキアーノ絵文書』のパンケツァリストリについてのページでも、ウィツィロポチトリはテスカトリポカの友達だと書かれていて、パンケツァリストリとテスカトリポカとの関連が示唆されているようだし。
ところで、『テレリアーノ-レメンシス』の年に3回云々というのは、トシュカトル・パチトントリ(テオトレコ)・パンケツァリストリの3つの祭りのことだと思います。『テレリアーノ-レメンシス』では、トシュカトルについて書かれたページが紛失してしまっていて詳細が判らないのが残念です。

Proudly powered by WordPress. Theme developed with WordPress Theme Generator.
Copyright © Tasteless Blog. All rights reserved.