Tasteless Blog

アステカネタで気になることがあるからと資料を取り寄せたものの落ち着いて読書をする時間が取れず、悶々としているうちになんだかゲッテンカ熱が上がってきた……どうすればいいんですか!
それでなくともただでさえ『にじのまんなか』11周年記念絵は気合入れて掛かろうと構想を練っていたり、それがすんだら秋のビックリマンオンリー向けの原稿やらなきゃだから表紙の構図とか本文のプロットとかもボチボチ形にしていかなきゃとか、いろいろ考えているところだったんですがああもうああもう。体が1つじゃ足りません!
ところで秋のビックリマンオンリー、今度の会場は板橋なんですね。宿とか交通手段とかも調べておかないと。

ああところで今、件の調べものとは関係あるようなないような件で『マリアベッキアーノ絵文書』をパラパラめくってるんですけど、テスカトリポカとチャルチウトリクエってどんな関係があるんでしょうね? いや、同じページにいたもんで……。
そしてもはや件の調べものとは関係なくなってしまいますが、忘れないようにメモ……『マリアベッキアーノ』ではケツァルコアトルはミクトランテクトリの息子になってるみたいですね。ミクトランテクトリにはもう1人ショロトルと呼ばれる息子がいるといった記述もあり、この辺がケツァルコアトルとショロトルが双子という設定の出所みたいです。『絵によるメキシコ人の歴史』だとケツァルコアトルとウィツィロポチトリがミクトランテクトリとミクテカシワトルの夫婦を創ったという話ですが。そしてこれは前にも書いたと思いますが、『絵による』には赤と黒のテスカトリポカとケツァルコアトルとウィツィロポチトリの4兄弟が出てきますが『マリアベッキアーノ』設定だとウィツィロポチトリはテスカトリポカの友達だったり、本当に伝承のバージョン違いってややこしい……。
そうそう、蒸し風呂とテスカトリポカの関係も気になります。

Proudly powered by WordPress. Theme developed with WordPress Theme Generator.
Copyright © Tasteless Blog. All rights reserved.