Tasteless Blog

「ケツァルコアトルは1のアシの年に戻ると予言して旅立った」という話はアルバ=イシュトリルショチトルの著作に出てたらしいです。
しかしこのクロニスタ、ケツァルコアトルあるいはウェマクをキリスト教の伝道者としてるんですよね。もっとも、それは彼が言い出したことではなく、もっと昔からあった解釈ですが(ディエゴ=ドゥランはトピルツィンあるいはウェマクを使徒トマスと同一視してた、とか)。
現在広く知られているケツァルコアトル帰還の予言にまつわる話では、このキリスト教伝道者という設定が抜けてしまっているようです。近年言われる「ケツァルコアトル帰還の予言は征服後に作られたもの」という説は、これがあった方が解りやすいと思うんですが、省かれてしまっているのはやっぱり「ない方が昔からの予言らしくてドラマティックだから」でしょうか?
 
アルバ=イシュトリルショチトルはテスココ王家の血を引く先住民系クロニスタですが、彼自身はキリスト教徒だし征服を体験していません。
なので彼の書いた歴史は、自ら歴史の証人として語ったものではなく、祖先の歴史を研究し自分の同世代の人々に伝えるといったものでした。そして、テスココ王家の末裔でありキリスト教徒でもあるという立場から、キリスト教的世界観により祖先の歴史を解釈したのです。
 
テスココ王家といえばもっとも有名なのは賢王の誉れ高いネサワルコヨトルでしょうが、彼のイメージの元になっているのもアルバ=イシュトリルショチトルの著作でしょう。
しかし、前述のように、彼はキリスト教の世界観に合う形で先祖の業績を語ったので、スペイン人到来以前に唯一神信仰に目覚めた人物ということが強調されるようになったのでした。そして、後世の人々がそのテキストを成立の背景を抜きにして読んだため、先スペイン期からずっとそのように伝えられてきたのだと思われたようです。
 
ところで、ネサワルコヨトルが崇めていたとされる唯一神トロケ=ナワケですが、これは本来オメテオトル・テスカトリポカ・ケツァルコアトルなどいくつかの神々に対して用いられる呼称でした。しかしキリスト教の布教に際して、宣教師たちはキリスト教の神を表わす語としてこれを流用しました。
それ故、トロケ=ナワケが表わすものが征服以前の神なのか新たにもたらされた神なのか、判りにくくなっているあるいはあえて判りにくくされています。
なお、同様の問題は『フィレンツェ絵文書』など他の資料にも見られます(アルフレド・ロペス=アウスティンの『カルプリ』をお持ちの方はその中の「海を越えてきたメシーカ人の歴史物語」もご参照願います)。
 
また、ネサワルコヨトルと信仰といえば、メシコからウィツィロポチトリの神殿を建てるよう勧められたので建てたが、その向かいに空の神殿も建てたという話も有名です。しかし、このエピソードにもキリスト教的解釈が入っているかもしれません。
『プリメーロス=メモリアーレス』ナワトル語英語対訳版の脚注で、ネサワルコヨトルはアコルワ人とメシーカ人のハーフであること(父はテスココ王イシュトリルショチトル1世、母はメシコ王ウィツィリウィトルの娘マトラルシワツィン)が彼の治世にテスココでウィツィロポチトリ信仰が始まったことと関連して書かれてました。
 

以下余談……「人身供犠を否定した善神ケツァルコアトル」「唯一神を見出した賢王ネサワルコヨトル」これら2つのイメージは同根でしょうが、私としては「アステカに興味はあるけど生贄は嫌」という西洋人(日本人も含む)に重宝され過剰に持ち上げられている感じがどうにも気に食わないのです。ケツァルコアトルやネサワルコヨトル自体が、ではなく、イメージの利用のされ方が。
 

ゼーラーの『フェイェルヴァリー=メイヤー絵文書』解説を読んでいて、ついうっかり思いついてしまったネタ。

だって…「Tezcatlipoca, the Wizard」なんて書いてあったから……。
こちらの絵と併せて見るとさらにひどい。もっとも、「Tezcatlipoca, the Wizard」とは『フェイェルヴァリー=メイヤー絵文書』最終ページについて書かれた部分でしたが。つまりそういうことです。
たったこれだけのネタですが、描き上げるまでに異様に時間が掛かってしまいました。ウィザーソードガン難しい。メカ苦手。しかも作業中にソフトが強制終了して描き掛けのデータが吹っ飛んだり。あ、背景の魔法陣は素材をお借りしました。
それにしても、ウィザーソードガン……テポスマクアウィトル……マトレキキストリ……。
 

そういえば、ウィザードもプリキュアもパロディ以外でちゃんと描いてないなぁ。

おぅ……テスカトリポカの額のエスピツァル描き忘れとったわ……という訳で、直しておきました。
 

突然ですが、『アステカ王国 文明の死と再生』で「神殿に燃えさかる炎」のキャプションと共に掲載されている絵、あれ『マリアベッキアーノ絵文書』の蒸し風呂の絵ですよね。
……ツイッターで呟いた『マリアベッキアーノ絵文書』の蒸し風呂(テマスカリ)についての話を、こちらでも書きます。
 
マリアベッキアーノ絵文書のテマスカリの解説の、風呂の戸口に置かれた病人の擁護者とされる偶像というのはテマスカルテシ(蒸し風呂の祖母、ヨワルティシトルとかテテオ=インナンとかの別名)のことでしょう。蒸し風呂は病気の治療に用いられたようです。ヨワルティシトルとは「夜の産婆」「夜の医者」といった意味なので、治療に関わるというのは納得できます。
蒸し風呂を訪れた病人はこの偶像にコパルを捧げ、テスカトリポカに崇敬を表して体を黒く塗った、とあるけどテスカトリポカと病気の治癒や蒸し風呂とはどんな関係があるんでしょう。テスカトリポカは人を様々な病気に罹らせることができるから治療もできるということでしょうか? 『フィレンツェ絵文書』でも病気に罹った男がティトラカワン(テスカトリポカ)に祈願してるし、「我を治したまうならば汝に仕え奉ることを誓わん」とか……それでも治らなかった場合は例の罵倒になるんですが。
さて、『マリアベッキアーノ絵文書』のテキストによれば、「彼らは蒸し風呂を他の忌まわしく汚らわしい行為のためにも用いていた。例えば多くの男女のインディオが全裸で入浴し、そして大変不潔な行いや罪を犯した」とのことですが、これって実際にはどれくらいあったことなんでしょう? たまにはそういうこともあったのか、しばしばなのか。
入浴を非難する記述はこの絵文書がスペインの修道会の庇護の下書かれたものだからでしょう。中世ヨーロッパの風呂屋は衛生のためというより娯楽のために行く所で売春宿ともなっていて、そのため入浴施設は廃止されていき、16世紀頃には入浴の習慣が廃れてしまっていたらしいです。中世ヨーロッパの人たちは風呂に入らなかった、みたいなイメージがあるようですが、清潔が主目的ではないとはいえそれなりに浴場はあったんですね。むしろルネッサンス時代の方が入浴してなかったとは。
っていうか、インディオの入浴を不道徳とするのは、ヨーロッパでそうだったんだからメキシコでもそうに決まってる! みたいな決め付けを感じます。
 

アステカも! やってますよ!
……ようやく『悪夢に夢を見るな』トップ絵を新しくしました。
pixivの【ぴくテカ】企画にもテキスト付きで上げてあるので、よろしければそちらもどうぞ。

【ぴくテカ】テスカトリポカ by 約翰/Lajos Jancsi on pixiv


(ぴくテカの規約上、手足切断描写があるためR-18Gにしてあります。
pixivの閲覧制限を変更せずにご覧になるにはこちらからどうぞ。)
 

ひねくれ者かつ衒学者な約翰は、ついついマイナー気味なネタに走ってしまうのでした。という訳で、pixivで書いたことの補足を少し。
テスカトリポカがシトラリクエとシトララトナクの息子の一人(ケツァルコアトル・ウィツィロポチトリ・テスカトリポカ・ヨワルテクトリ・トラウィスカルパンテクトリの兄弟)という設定は『テレリアーノ=レメンシス絵文書』から取りました。『絵によるメキシコ人の歴史』版の赤のテスカトリポカ・黒のテスカトリポカ・ケツァルコアトル・ウィツィロポチトリの4兄弟という記述を否定するつもりはありません。こういう説もあるよと紹介してみたかったんです。
トランのウェマクを陥れ嘲笑するため女に化けて同棲というのは『クアウティトラン年代記』にありました。「126cm」にもう少し詳しく書いてますのでそちらをご参照ください。
「浅ましき男色者」呼ばわりは『フィレンツェ絵文書』第3・4書あたりですね。重い病気で苦しんでいる男がティトラカワン(テスカトリポカの別名、「我らは彼の奴隷」の意)を「おおティトラカワンよ、おお浅ましき男色者よ! すでに汝は我を相手に快楽を得た。疾く我を殺したまえ!」と非難したとか(ティトラカワンがこのことで怒らなければ病気を治してくれるが、そうでなければこのために病人は死ぬ)、戦争で捕虜を捕らえたが逃げられてしまった男がテスカトリポカに「汝男色者よ、おおティトラカワンよ! おおこのことが更にまた汝を堕落せしめた! 呪われてあれ、汝はただ我を弄ぶためだけに我に捕虜を与えたのだ!」と呪って悪罵したといったエピソードがあります。対テスカトリポカに限らず、男色者呼ばわりはアステカでは大変な侮辱であったようです。オリジナル設定の受け云々ですが、先に挙げた女に化けて同棲ということから来たイメージもあり、ナワトル語のcuiloneとは受けのことであろうとしている論文を見たことがあったからでもあり、言われてみれば「女々しい奴」「カマ野郎」みたいなニュアンスで使われてることもあるっぽいねと思ったからでもあり。でも襲い受け。襲われた方がただじゃすまない。
スカンクの話は『フィレンツェ絵文書』第5書を参照しました。スカンクの他にもヨワルテポストリとか大男とか死体の包みとかコヨーテとかいったものがテスカトリポカの化身として現れます。
太陽を奪う話は『絵によるメキシコ人の歴史』より。「ツィツィミメが天から降りてきて人々を喰らい、神々は自ら死に、テスカトリポカが太陽を奪い去り全ては滅ぶ」とされています。
それから、テスカトリポカが持っている手ですが、これは実は詳しいことは分かっていないのです(少なくとも私には)。図像としては、『フェイェルヴァリー=メイヤー絵文書』や『ボルジア絵文書』(こちらでは赤のテスカトリポカだけど)などに出てくるものです。アステカにハマって間もない頃に描いた絵では、アイリーン=ニコルソンの『マヤ・アステカの神話』の「戦士で毎日の神たるテスカトリポカが、人身御供の最も美味な部分と信じられていた掌を貪り食う」という記述に倣っていたんですが、エドゥアルト=ゼーラーによる『フェイェルヴァリー=メイヤー絵文書』の解説では「まるでこの神が演奏していた骨製のフルートのように、もぎ取られた人間の前腕の掌を彼の口に押し付けていた」とあったので、本当のところは何やってるんだろうと分からなくなりました。しかしながら、人間の腕が魔術に用いられたことがあったのは確かなようです。テスカトリポカが握っているものとは直接的には関係ないかもですが、『フィレンツェ絵文書』第6書によれば、泥棒が盗みに入った家の人間を気絶させるために出産の際に亡くなった女性の左前腕を取るので(他にも髪や指も戦場で敵の足を痺れさせる効果があるとされやはり狙われる)、夫は4晩の間妻の遺体が盗まれないよう守っていたとのこと。そんな訳で、私が描くテスカトリポカが持っている腕はマジックアイテム兼食料ということにしました。
……あ、そうだ。テスカトラネシュティアもオリジナル設定に組み込んどけばよかった。今になって思い出すとか……「テスカトリポカが持つ両面鏡は片面が煙る鏡テスカトリポカでもう一方は事物を明らかにする鏡テスカトラネシュティア」というネタを以前思いついていたのでした。テスカトリポカが両面鏡を持っているというのは『クアウティトラン年代記』、テスカトラネシュティアが出てくるのは『トルテカ=チチメカ史』です。直接関係はないけど混ぜてみました。テスカトラネシュティアについてはブログの過去記事「あのラ・フランスどうするんだよ。どうしてくれるんだよ。」「「Drunk for a penny, dead drunk for tuppence」を敢えて「1ペニーで酔っ払い、2ペンスで死ぬ」と訳すセンスが好きだと思いながらジンを飲む」に書いてあるので、そちらもご覧ください。
 

話は変わりますが、「日本誤訳・アステカ神話」はいったん下げました。訳・構成など見直し手直ししてから再公開したいと思います。
 

Proudly powered by WordPress. Theme developed with WordPress Theme Generator.
Copyright © Tasteless Blog. All rights reserved.