Tasteless Blog

『仮面ライダーウィザード イン マジか!?ランド』DVDが届いたので見てましたが、オーズの時も思ったけどこういうのってある意味子供に見せづらいなぁ。
本編とは逆にミサに振り回されるソラが面白かったです。ソラっていうか、最後の方は中の人の素が出てませんか、関西弁とか……。
そしてコヨミの部屋に太陽の石のミニチュアがあったので、以前描いたこれを思い出しました。アステカ……。
またウィザード絡みで何か描きたいなぁ、いやその前に年賀状とか、描きかけのコクッパ絵とかあるけど。
 

話は変わりますが、1つ前の記事で触れたアステカ神話関連本2冊の内の1冊『The Mythology of the Americas』が昨日届いたので、それに関して。
「有名以下略」の「トナティウの配偶神は夜の太陽ヨワルテクトリ」の項は書き直す必要が出てきました。実は今回購入することにした2冊はいずれもこの問題のための資料なのです。
件の記事を書いた後も、なんとなく引っかかりを覚えていたのですよ。それで『ヴィジュアル版世界の神話百科アメリカ編』のヨワルテクートリの項を何度も読み返しているうち、ふとこんな疑問が浮かんできました。
「これひょっとして和訳に問題があるんじゃねぇ? 「配偶神」ってなってるとこ原文だと「counterpart」だったりしねぇ? それなら「対の片方」ではあっても「夫婦関係の片方」とは限らなくねぇ?」
そこで、原文を確認するため原著である『The Mythology of the Americas』を買いました。

(ところで英語版は日本語版より大きいので置き場所に困る。その分厚みは少ないとはいえ)
さっそく該当箇所を見ると、果たして「counterpart」となってましたよ大当たり。っつーか代名詞「he」じゃねぇかよ。
「配偶神」って訳語がおかしかったんだなー、この件に関してはD.M.ジョーンズに悪いことしたなー、と思いつつ手元の辞書(『広辞苑』第三版)で「配偶」を引いてみたところ、「(1)そえ合わせること。そわせること。(2)連れ合い。夫婦」とあり、また派生語の「配偶者」は「夫婦の一方から見た他方。配偶者たる身分は婚姻によって取得し婚姻の解消によって失う」とありました。ここまではこれまでの知識と特に矛盾することはなく、なので、「配偶神」とは「配偶者たる神」のことだと思っていたんです。
思っていたんですが、「もしかして『ヴィジュアル版』訳者は「そわせること」を「対とならせること」ぐらいの意味で使ってて、「夫婦」の意味は持たせてなかったんじゃねぇ? 「counterpart」の訳語、「対の片方」じゃいまいち収まりが悪いとかで「配偶神」って言葉を当てることにしたんじゃねぇ?」と思いつき、他の項も見てみると、ショチケツァルは英語版は「female counterpart of Xochipilli」、日本語版は「ショチピリの女性配偶神」となっていました。いちいち女性であることを断っているということは、逆に言えば性別をわざわざ言わない「counterpart / 配偶神」は同性と考えるのが自然なようです。
けれども、「配偶」「配偶者」といった言葉は日常的にはもっぱら夫婦関係に用いられるため、私を含む多くの読者は「配偶神」とは「配偶者たる神」のことだと思ってしまったのでした。
そんな訳で、ヨワルテクトリは男神であるにもかかわらず(D.M.ジョーンズもそう認識していた)、トナティウの「配偶者」であり女神であるという誤解が多くの日本人アステカ神話ファンの間に広まってしまったのでした。
ツイッターで寄せられた質問に「シウテクトリの配偶神とされるシウコアトルは男神か女神か」といったものがありましたが、こうした疑問が起こる元となった原因も同じものです。
『The Mythology of the Americas』では「counterpart of Xiuhtecuhtli」となっていたシウコアトルは『ヴィジュアル版』では「シウテクートリの配偶神」と訳されました。先に見たとおり、恐らく訳者は「夫婦となる神」ではなく「対となる神」の意味で「配偶神」と言ったのでしょうが、私が誤解したのと同様の理由によりシウコアトルはシウテクトリの「配偶者」すなわち妻と解釈した人が、この火の蛇について全体的に『ヴィジュアル版』の解説に基づきつつも「アステカにおける火の蛇の女神」と説明する文章をウェブに上げ、多くの日本人アステカ神話ファンの間に「シウコアトル=女神」という認識が広まってしまったのでした(『ヴィジュアル版』には性別の記述はない)。しかし英語サイトを見るとシウコアトルは男性として扱われているので、実際のところはどうなの……という訳で先に挙げた質問が発生することになりました。この質問に対する答えとしては、先に述べたように性別をわざわざ言わない「counterpart / 配偶神」は同性と考えられる、ということでいいかと思います。
ところで、ヨワルテクトリとヨワルトナティウの関係や、太陽の石の中央の顔はヨワルテクトリという説については、もう1冊の本が届いてから考察します。
 

拍手・メッセージありがとうございます。
メッセージにはこの記事で返信しております。
 

ルドウィッグぬいぐるみが届いたー!

……本当はコクッパ7兄弟全員欲しかったんだけど、金銭的にも置き場所的にもヤバいので、代表でルドウィッグ。
娘はレミーが欲しいようだけど、もう誕生日プレゼントは買うてしもうたからな! ラブハートアロー! それにサンタさんにはラブリーコミューンを頼んだんじゃろ!
(ところで、ドキドキ!プリキュアの玩具を購入した翌日に、来年のプリキュアのバレ画像を見てしまった…いや、分かってはいるけど、けど……)
っていうか本当に置き場がヤバい。イタリア語の辞書買っちゃったしアステカ神話関連本が2冊届く予定だしニンジャスレイヤー物理書籍(聖なるヌンチャクCD付)とコミカライズ2種も予約済みで、本棚がオタッシャ重点な。
それはさておき、さっそく遊んでみました。
水玉ピンクリボン装着

亀に乗る

余談ですがルドウィッグが乗っている亀はドイツに行った際のお土産です。ドイツドイツ!
 

<拍手返信>

(さらに…)

Proudly powered by WordPress. Theme developed with WordPress Theme Generator.
Copyright © Tasteless Blog. All rights reserved.