Tasteless Blog

4色テスカトリポカについての話が行き詰っててですねー……「原初神の息子達は4方位を司る4色のテスカトリポカというのは後世の研究者によるこじつけ」、までで済ませるなら簡単なんですが、「それなら何だと思うのか」ということを書こうとすると難しくて。赤のテスカトリポカとは何か……カマシュトリ・ミシュコアトル・シペ=トテク、そして「テスカトリポカ」や「ケツァルコアトル」との関係、それからウィツィロポチトリに盛られまくった設定をどう見るか……あああ、まとまらん! そしてスペイン語難しい!
 

……そんなあれこれを打っ遣ゃって、近年にわかに注目度アップの古代エジプト冥界神メジェドの『死者の書』での登場箇所を探してました。気分転換! 気分転換!
(クリックで全体)
『死者の書』第17章、死者が再び目覚め起き上がるための呪文の中に登場する冥界の神々の1つがメジェドMedjedらしいです。
「彼らのナイフが決して私を支配することのないように、私が決して彼らの拷問道具の下に陥ることのないように。なぜならば私は彼らの名を知っているからだ。私はオシリスの館の者達の中にいて目から光を放ち、しかし彼自身は見られることのないマアチェトというものを知っている。彼は口から出る炎をまとって天を廻り、ナイル川の神ハピに命令を下し、自らは見られることがない。(後略)」
ウォリス=バッジによる英訳
これらのテキストの引用元であるウォリス=バッジ『The Book of the Dead The Papyrus of Ani』ではマアチェトMātchetと読むようになっていますが、これはこの本が書かれた当時(1895年刊)は今とは音の当て方が異なっていたためのようです。バッジはマアチェトの意味は虐げるものthe Oppressorだとしています。
このメジェド(マアチェト)があのアレの名だというのが、現在エジプト学者達の間で受け入れられている見解らしいです。
大英博物館ブログのコメント欄にて閲覧者の1人の「私が何度か見た本当に面白いものが1つあります。それは脚と目が2つ付いた塩入れみたいな形をしていました。とても変わった格好でした。あれは一体何ですか? どんな意味があるんですか?」という質問に対し、キュレーターのジョン=テイラーは「この像はメジェド(名前の意味は「打ち倒す者」)だというのがエジプト学者達の間で現在受け入れられている見解です。(中略)彼の両目だけが見えていて残りの部分(両足は除く)は覆われているという事実はこの(死者の書第17章の)記述に合っているように思われます。残念なことに、この神については何も知られていません」と回答しています。
 

……すみません、4色テスカトリポカは後回しにさせてください。今の私にはまだ難しすぎました。調べるべきことが沢山あって、一朝一夕にはできそうにありません。
まぁ、他にも色々面白いネタはありますしね。「有名以下略」も「日本誤訳」も増やしたいし。できるところからぼちぼちやっていきます。
 

【お題】7分以内に8RTされたら甘ロリのネサワルコヨトルを描きなさい!(診断メーカー)
ツイッターで呟いたところ、規定には満たないもののRTがあり、まさか本当にRTされるなんてと驚いて描いてみました……

……誰だこれ。
おかしいなぁ、絵文書とかお札とかの肖像画見ながら描いたのに、全然面影ないぞ。仕方がないからコヨーテ耳を付けておきましょう。
「甘ロリならかわいい模様のお洋服にしよう、どんなモチーフがいいかな~あ、お菓子模様とかいいかも!」……で、断食するコヨーテネサワルコヨトルをスイーツまみれにするという暴挙。しかもこれが私が初めて描いたネサワルコヨトルって、なんかもう色々と酷すぎる。
世間的にはロリィタといえば長方形のヘッドドレスのイメージがまだまだあるかなとも思いましたが、実際には近頃はあまり見かけないので、この絵でも着けませんでした。ロリィタは自分では着ませんが、見たり描いたりするのは好きです。この絵も描いてて楽しかった。
擬人化ウェンディにもロリィタな格好をさせてみたいんですが、ウチの擬人化ウェンディは無駄にエロいので似合わないという。
そして甘ロリが誤変換で尼ロリになってしまい、ゲッテンカのメルヘン初を思い出しました。尼頭巾のアレンジ具合に唸らされたものです。
ゲッテンカの話が出たので……チマルパインの歴史書のつもりでうっかり日記の方を買ってしまったんですが、1610年に幕府によってヌエバ=エスパーニャに送られた日本人のことが描かれているのが興味深いです。徳川将軍もウェイ=トラトアニになるのかとか(「huey tlahtohuani emperador jabon」ですが、当時のヨーロッパ人は天皇はローマ教皇のような宗教的権威とみなし、世俗の最高権力者である将軍や関白に対してエンペラーの称号を用いていたらしい)、英訳の方の「catana [Asian cutlass]」って日本人が持ってるんだから日本刀じゃないのかと思ったらスペイン語のcatanaは日本刀に限らず新月刀の類も指すのかとか(もちろん語源は日本語の刀)、日本人も肌は白い扱いなのかとか……。
白い肌といえば、「ケツァルコアトルは肌が白く生贄を否定していて、1の葦の年に戻ると予言して去った」という有名な話についての自分なりの解釈がだんだん形になってきたと感じていますが、その辺はまたの機会に。

アステカ……コクッパ……アステカ……コクッパ……。

……なんだこの落書き。

「アステカ神話豆知識」内の「読書案内」「有名以下略1」を加筆修正しました。
「読書案内」では『ヴィジュアル版』をボロクソ言い過ぎたかなという気もしますが、でもやっぱり、この約翰でさえ出来る(あるいはやろうとする)ことをより適性があるはずの人がやろうとしなかった、そしてその結果として不正確な情報が日本のアステカファン・神話ファン等の間に広まってしまったことの影響を思うと、腹が立って仕方ないのです。ああ、私にそれらしい肩書きと立派な装丁の本があれば!
「有名以下略1」は、とりあえずヨワルテクトリの項の配偶神云々についてのみ書き直しました。太陽の石との関係とかはまた後ほど書くつもりです。

アステカアステカ言いつつも、『マリオカート8』に「クッパ7人衆」が登場という情報が入って以来、そっち方面でもソワソワしっぱなしです。WiiU欲しいよう、でも据え置き機はプレイ可能な場所が限られるのが難点……でもやっぱり欲しいよう……。
ところで、「クッパ7人衆」。「コクッパ7人衆」じゃねぇのかよと思いましたが、まぁ「クッパの手下」の下っ端臭さが払拭されただけでも良しとするか。
っていうかね。「クッパの手下」改め「クッパ7人衆」とクッパJr.とは、やっぱり別カテゴリーの存在だと思うんですよ。8兄弟にしたい人達の考えや気持ちも想像はできますが、しかし公式には区別されてると思います。その辺の考察もしたいんですよね、区別することによるメリットについて語りたい。我ながら天邪鬼ですが。
したいんだけどしかし、コクッパネタはこちらから振っても反応がなくてですね…つい反応の多いアステカに流れがちにという部分もあるんですよね……いや、アステカの方が(自分にとって)未知なる情報が膨大だからというのもありますけど……。
それに、ことコクッパに関しては私は色々こじらせてる性質の悪い古参ファンだから……自分が間違ってるのは解ってるし、思い入れを捨てれば楽になれることも解ってる。けど、言うは易し行うは難しというやつで、っていうかそもそもそんな簡単に捨てられるものならこんなに苦しまねぇよっていうか。

Proudly powered by WordPress. Theme developed with WordPress Theme Generator.
Copyright © Tasteless Blog. All rights reserved.