Tasteless Blog

スレッジハンマー

5月 11th, 2011

去る5月1日、古代中南米マニアなら脳汁出まくること請け合いのステキスポット・BIZEN中南米美術館(BLAM)に行ってまいりました。
今回の目的は何なのかというと、BLAMのアイドルことペッカリーをはじめとする主力収蔵品たちが他所での展覧会のために旅に出るので、しばしのお別れをすることでした。


『クフル・アハウの残輝』については以前の記事でも書いたので今回は省略いたします。
写真はいろいろ撮ったんですが(BLAMではフラッシュを使わなければ展示品の撮影が可能)、どうにも私の腕が悪いためなかなか写りの良いものがなく残念……しかしせっかく撮ったことだし、いくつかご紹介。

シカンの黒色土器です。ここでは「天犬帯同神像把手壺」という名称で展示されてましたが、シカン神の両脇の動物については以前デジタルミュージアムで開催された『黄金の都シカン展』では同様のものが「神話的なネコ科動物」とされてました。犬なのか猫なのか……?

これは確かマヤ……の土器。なんでこんなところに爺さんが生えてるんだとかこの爺さんは何者なんだとか疑問がどんどん湧いてきます。


モテクソマ(モクテスマ)2世の玉座・テオカリ石(聖なる戦いの神殿)側面のレリーフより、「燧石のナイフ」と「髑髏(死)」。いずれもこめかみに「煙を吐く鏡」を付けています。「煙を吐く鏡」の表現は『ボルボニクス絵文書』や『マリアベッキアーノ絵文書』に見られるものと似ていますね。テオカリ石のレリーフといえば正面の「ウィツィロポチトリ&テスカトリポカ(モテクソマ2世とする説も)」や背面の「ウチワサボテンに停まるワシ」が有名ですが、上手く撮れませんでした。余談ですが、テスカトリポカのレリーフで思い出しました。『世界の文化史蹟9 マヤの神殿』(石田英一郎編著/講談社/1968)には「奇妙なことであるが、トゥーラの彫刻には、戦争や死と関係のあるモティーフが充満しているのに、そのなかに、ケツァルコアトル神のモティーフが頻繁に現われ、戦争と死の神テスカトリポカは描かれていない」とあるんですが、『Mockeries and metamorphoses of an Aztec god Tezcatlipoca, “Lord of smoking mirror”』(ギレーム=オリヴィエ/コロラド大学出版/2003)によれば1985年にトラロックと煙を吐く鏡の主が表わされた角柱が建造物Bの北で発掘されたとのことです。この件について日本語で読める資料ってないんでしょうか? 相当重要な出来事だと思うんですけど……。あ、「古代中南米研究者なら英語やスペイン語は読めて当たり前だからいちいち訳さないよ」なんてのはナシでお願いしたいんですけど、駄目ですか……? 私は研究者どころかただの無駄毛の生えた初心者なんで、英語やスペイン語なんてとてもとても。ともかく、『Mockeries~』にはその角柱のレリーフを線画で写したもの、切り落とされた片足の先に煙を吐く鏡をつけた戦士の像が掲載されてました。で、こういうのを日本語の解説付きで見たいんですってば。需要がないのは百も承知ですけど、でも少なくともここには1つ需要があるんですよ! いやまぁその、たった1つじゃ採算が取れないことも承知ですけど!
……この「玉座」やチャックモール(いずれもレプリカ)もまた全国巡業の旅に出るとのことです。全国の皆様、お楽しみに! でも多分ここまで接近して撮影できるのは(多分)BLAMだけなんで、やっぱりBLAMにも来て下さい! BLAMの宣伝は広報大使の使命です!

そしてこれがペッカリー。エクアドルのチョレーラ文化のものですが、『吉村作治の古代七つの文明展 ~人と地球と太陽の船~』のサイトにてインカ・マヤ・アステカといったメジャーどころを差し置いて中南米代表になるほどのインパクト。このふてぶてしさと愛嬌を兼ね備えた佇まいが何ともいえません。グッズが欲しいなぁ、レプリカとか。
一通り見学した後、お土産を購入したり受付の女性と話したりしたんですが、とにかくBLAMはアクセスしづらいというか判りにくい場所にあるのがネックなのだと再確認しました。受付の方によればリピーターは多いそうなんですけど、まず1回目の来館が、とのこと……。リピーターの1人として申し上げれば、BLAMの魅力は見れば判るんですよ。見なければ判らないとも言えますけど!

お土産。
そして、窓口に置かれていた本も「よかったらお読みください」と貸してくださいました。

借りたからにはまた返しに行かないといけないんですが。いや、読んだことのない本も読めるしまた行く口実もできたし一石二鳥です。

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.

Proudly powered by WordPress. Theme developed with WordPress Theme Generator.
Copyright © Tasteless Blog. All rights reserved.