Tasteless Blog

義憤と私欲

5月 29th, 2011

拾い読みメモ。

ジャック=スーステルの『アステカ文明』を読んでたら、ヨアルティシトル(ヨワルティシトル)のことを「夜の医者」と訳してありました。やっぱり「夜の貴婦人」は間違いっぽいと思うんですが、ルイス=スペンスは一体何によってそういう訳にしたのか。そして「ヨワルティシトル=メツトリ」という解釈の元になったものは何なのか……まさか「『夜の貴婦人』っていったらきっと月のことだよね、そうだそうに違いない!」なんて思い込みじゃないだろうし。
そういえば、これもスーステルの本に書かれていたんですが(そしてドゥランの『Book of the Gods and Rites and The Ancient Calendar』の訳注にも)、アステカ人(メシーカ人)は月に対しては特に儀式を行ってはいなかったようですね。サアグンの『プリメーロス=メモリアーレス』や『フィレンツェ絵文書・第7書』によれば、月を神として崇めていたのはシャルトカンの人々だそうですが、彼らはオトミ系の民族だそうです。って、私はあの辺りの民族とか全然把握できてないのでよく解ってないんですが。
話は変わりますが、以前ちょっと話題に出した女神アカペチトリ、これは「アシのマットorいかだ」を表わしているようで(訳は『Mockeries and Metamorphoses』による)、「カメのベッドorベンチ」を意味する女神アヨペチトリ(訳は『プリメーロス=メモリアーレス』の訳注による)の一面ではないかということからカメとの関連という話が出てきたようだということが、『Mockeries and Metamorphoses』をチラッと見たら書いてありました。で、『プリメーロス=メモリアーレス』や『フィレンツェ絵文書・第2書』によれば、アヨペチトリは出産に関する女神です。そして『プリメーロス=メモリアーレス』訳注には、アヨペチトリはマヤウェルの別の面あるいは化身だとあります。『ラウド絵文書』9頁の、リュウゼツランを背にしてカメにまたがる裸の女神がアヨペチトリとしてのマヤウェルらしいです。

ところで、ウィツィロポチトリ誕生譚とか「凶兆の神」とかについても語りたいんですが表現がまとまらないっていうかそれ以前にろくに調べられてないので、その辺のことについてはまた今度。

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.

Proudly powered by WordPress. Theme developed with WordPress Theme Generator.
Copyright © Tasteless Blog. All rights reserved.