Tasteless Blog

テスカトリポカがショチケツァルを略奪云々の出典、判ったかもしれません。
『テレリアーノ=レメンシス絵文書』のショチケツァルの解説を読んでいたら、「『Historia de Tlaxcala(トラスカラ史)』は彼女をテスカトリポカが彼女を夫の雨神トラロックから誘拐した後に上空の9層の天国(タモアンチャン=ショチトリカカン)に住まうヴィーナスのような愛の女神として描いている」といった感じのことが書かれてました。
……って、『Historia de Tlaxcala』、スペイン語バージョンしかなさそうだ、読めねぇよ……。

それにしても、ショチケツァルの婚姻関係もややこしいですね。
『絵によるメキシコ人の歴史』や『メキシコ史』ではピルツィンテクトリの妻だし、『テレリアーノ=レメンシス絵文書』や『バチカンA絵文書』ではセンテオトルの妻だし……。

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.

Proudly powered by WordPress. Theme developed with WordPress Theme Generator.
Copyright © Tasteless Blog. All rights reserved.