Tasteless Blog

先日、幸長さんがウチの擬人化モートン・ウェンディ・ルドウィッグを描いてくださったので、私も幸長さんの擬人化モートン・ウェンディ・ルドウィッグを描かせていただきました。

(クリックで拡大)

……なかなか幸長さん的かっこよさが表現できません。代わりに溢れるラヨシュ臭……。
それにしても、他の方の絵を見て自分なりに描いてみるというのは自分の絵を違った角度から見直す機会でもありますね。改めて気付いたこともあって有意義でした。
 
「コクッパ親衛隊」の記事を加筆・修正したいということで、いろいろ資料を読み返してますが、やっぱり今のルドウィッグは「イエーイ! のってるかいベイビー」とか言わなさそうな気がしてなりません。もしそういうキャラなら戦闘開始時に「イエーイ!」ぐらい言うだろうに、そうじゃなくて「フフフ…」ですからね。ニューマリWii以降のルドウィッグは大人びた頭脳派だということが確実なので(しょっちゅう無視されるけど)、そんなキャラに「イエーイ! のってるかいベイビー」はないだろうということかな、と思います。しかしなぜ初登場時とキャラが違うのか。海外版に合わせたんでしょうか、そもそもアメリカ版マリオ3(NES)の時点で「イエーイ」とか「ベイビー」とか言ってなかったし。土管の国担当コクッパはアメリカでLudwig von Koopaと名付けられた際にベートーヴェンと関連付けられた訳ですが、そのことも英語版における変化の要因として考えられるでしょうか?
そしてロイの関西弁設定はどうなっているんでしょう……私の二次創作においては、関西弁はよく分からないので中途半端なことになるよりはいっそという訳で敢えて標準語にしてしまってますが。そして、マリオ3取説では結構おだやかで丁寧な口調でしたが、近頃では戦闘開始時に大声で威嚇するなど荒々しさが強調されている印象なので、その辺にもギャップを感じます。
マリオ3取説以外にコクッパの日本語でのセリフが判る資料がないので(英語ならミッシングPC版もあるけど)、変わったとも変わってないとも断言できませんが、しかし容姿やら(認めたくないが)家族関係やらの設定が変更されているので、口調も変化している可能性がないとは言い切れないでしょう。
少なくとも、(誰が何と言おうと)彼らの父であるクッパの言葉遣いは変化しているんですよね。、今では「ワガハイ」という一人称がすっかり定着していますが、マリオ3の時点では「俺様」でした。

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.

Proudly powered by WordPress. Theme developed with WordPress Theme Generator.
Copyright © Tasteless Blog. All rights reserved.