Tasteless Blog

メッセージありがとうございました。この記事にて返信いたします。
拍手やメッセージはとても励みになります。送ってくださる方々には感謝しております。
 

ツイッターの方で「次は『ボルジア絵文書』に描かれた天文現象の話」とか言いましたが、それだけで1冊本が書かれているような話題なのでブログで紹介するためのまとめ等に頭を悩ませており、かといってメッセージお礼をあまりお待たせするのもとも思い、今回は代わりに、やはりツイッターで書いたテスカトリポカの化身がらみの話など。
 
「景気がよくなるという実感が持てずにいる」に書いたスカンクですが、スカンクが臭いを発したときに唾を吐いた人は白髪になると言われていたので、人々はスカンクが臭いを出しても唾を吐かないよう子供達にきつく注意し、口を覆うだけにしていた由。スカンクが不吉な動物と考えられたのは恐らくその悪臭ゆえでしょうが、テスカトリポカと結び付けられたのはなぜでしょうか? ……しかし、なんとなく「テスカトリポカならやりかねない」という気がしてしまいます。やたらと人間にちょっかいを出すのは運命を司り弄ぶ者だからかもしれませんが、それにしたってなんでこんな方法、とも思います。偉い神様なのに。
 
『フィレンツェ絵文書』第5書にはまた、夜間現れる様々な予兆のひとつとしてテスカトリポカの化身のコヨーテについての記述もあります。
コヨーテの予兆:それはテスカトリポカだと言われた。しばしば彼は自らをコヨーテに変化させた。そしてこのコヨーテはしばしば路上で人の行く手をふさいだ。そして彼がこうした時、このように聞こえた「これは行く者にとって決して良い時ではない。恐らく泥棒や強盗が道のどこかにいるか何か危険なものが飛び掛ってくるだろう」。
コヨーテのような動物の姿をとるテスカトリポカの図は『テレリアーノ=レメンシス絵文書』や『バチカンA絵文書』に第19トレセーナ(鷲)の守護神としてショチケツァルと共に描かれていますが、このことと先の夜道に現れるコヨーテとの関係はよく分かりません。
 
それにしても、テスカトリポカは様々な動物の姿をとるものです。七面鳥とか何か他の鳥(種類がよく分からなかった……)とかもあるし。個人的な好みの話になりますが、そういうこともあって私は「テスカトリポカ」をジャガー獣人として描くのは好きじゃないんです。テペヨロトルならともかく(テペヨロトルも完全に人間の姿で描かれることがあるけど)。
  

 
<拍手返信>
 

>kanlaさん
いらっしゃいませ!
アステカ神話はとても面白いですよね。『インカ・マヤ・アステカ展』に行って以来、どっぷりハマってしまいました。我々に似ているところにていないところ、どちらも興味深いです。
しかし日本語の資料は少ない……私も語学へっぽこですが、好奇心に突き動かされるままに挑んでおります。お役に立てたなら幸いです。
文章が分かりやすいと言っていただけてうれしいです。自分で理解していないこといついては説明できないということもありますし。
それでは、メッセージありがとうございました。

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.

Proudly powered by WordPress. Theme developed with WordPress Theme Generator.
Copyright © Tasteless Blog. All rights reserved.