Tasteless Blog

プロフェードの夢を見てしまった、なぜかほっかむりしてたけど。
そう、今日は大阪ビックリマンオンリーイベント……参加するつもりだったのになぁ!
日頃はアステカやコクッパの話ばかりしてますが、それはそれとしてビックリマンオンリーは楽しみにしてるんです。さぁ『世界祝福』の続き書くぞー! と意気込んでた矢先に、参加不能だと判明したんだもんよ……。
もういっそウェブでの公開に切り替えればとも思いましたが、やっぱり本という物体にこだわりがあるんですよね。それに、イベントで他の方達の本を買ったりコスプレを見たりするのも好きだし。

このところ、先日のASKA逮捕の報道で『愛の戦士ヘッドロココ』イメージアルバムを思い出して久し振りに聴いてます。演劇部で劇のBGMに使ったり、自分たちの結婚披露宴でも使ったりした思い出のCD。
曲は好きでしたが、ドラマパートの蛇足っぽいウォルフカイザー登場はまぁ人気キャラだから出さない訳にはいかないってことだろうね、しかし神帝が全員いないのはなー、いやいてもたいした台詞ないけどなー……などと当時から思ってました。神帝ファンなもので。特に好きなアリババは『愛の戦士』では比較的(どんぐりの背比べ的な)出番があった方でCDにもいましたが、扱いが(割と)よくて嬉しいというよりは、神帝全体をもう少し待遇改善して欲しいと思ってました。
とまぁそんな感じで色々思い出し、コミックスも読み返したりしてます。『愛の戦士』は「神帝の扱いが気に入らねぇ!」と言いつつ毎回読んでました、結局CDも買ってたし……ドレスとかタイツとかには特に拒絶反応なかったです。オリキャラ登場もいいけど、「愛の奇跡」がご都合過ぎるなーとは思ってました。そして、なぜあんなにイカ推しだったのか。
ふと思ったんですが、7巻に登場するオリキャラ・フロルの髪型はルドウィッグのとちょっと似てる気がします。

『愛の戦士』で掲載誌『ぴょんぴょん』のことも思い出し、『光のパンジー』も読んでます。11巻だけ持ってないけど。
当時からエドワードよりウィラードの方が好きでした。悪役にハマりがちなのは昔から……。
ところで、最近ウィラードのモデルはBUCK-TICKの櫻井敦司だという話を見て、「ああ……」となりました。私よくBUCK-TICKの曲を聴いてるもので。もっとも、『光のパンジー』連載当時は聴いてませんでしたが。高校生の頃に友人に勧められて興味持ったんですよね、『MAD』とかタイトルからして好きそうだと言われ……大当たりでした。BUCK-TICKは毎回作風を変えてくるので、聴いた途端にハマるときとそうでもないときとの差が結構あるんですが、最新シングル『形而上 流星』は収録曲全部すぐ気に入りました。アルバム『或いはアナーキー』も楽しみです。
ウィラードに話を戻しますと、袖にスリットが入ってて生腕がちら見えするデスビアス編の衣装が特にセクシーだったと思います。しかし婚礼衣装の股間ガードはなんだったのか。
デスビアス編といえば、リバースとシバの最期はよかったですね! 悪の帝国の王子(イケメン)と側近(醜いが腕は立つ)、その感情が何なのか気付かぬまま互いに愛を感じていて、リバースは自分をかばって死んだシバを見て初めて(はっきりとは言わないが)彼女と自分の愛情を認めるとか、もうね! シバが崩落した岩の下敷きになって手だけが出ててくたっとなってるとか、子供向けにしては結構きつい描写だったなと思いますが。
っていうか、『光のパンジー』って子供向けにしてはショッキングな描写が結構多かったですよね。エドワードとウィラードの決闘で、斧を振りかざして割り込もうとしたウィラードの母が勢い余って塔から転落死とか、その後ウィラードの左目に十字架が刺さるとか……ええと、目が潰れて「殺せ!」と叫ぶウィラードに……萌えてました。当時は「萌え」なんて言葉は知らなかったけれど。
子供向けの作品に含まれる残酷描写で萌えるというと他にも、ビックリマンのゲーミング・ストーリーブックの、アリババ神帝が魔洗礼を受けるシーンとか、次の巻でゴーストアリババがヘッドロココとヤマト神帝をボコボコにするのとか……ああいうので私の嗜好はさらに歪んだよなぁ、まぁ元々おかしかったとは思うけど。そういえば、ゲーミング・ストーリーブックの著者と『愛の戦士』イメージアルバム収録曲「Carol」の作曲者って同じ人? ゲーミング・ストーリーブックの著者紹介で高野富士雄さんは作曲も手がけるとありましたが。

……嗜好の歪みはともかく、私が『ちゃお』でも『りぼん』でも『なかよし』でもなく『ぴょんぴょん』を読んでいたのは、直接的には『愛の戦士』が載っていたからですが(文句を言いつつもなんだかんだで好きだったんでしょう)、それだけじゃなく雑誌全体にみなぎるチャレンジャーな気概に惚れていたからだろうと、今は思います。たった5年間ほどしか刊行されなかった雑誌ではありますが、インパクトはありました。『ぴょんぴょん』が『ちゃお』に吸収合併されてからしばらくは『ちゃお』を買ってましたが、いつしか買わなくなっていました。対象年齢的なこともあったでしょうが。
発行時期が短いだけに読者も限られそうですが、当時読んでいた人たちには感慨深く思い出される雑誌だと思います。

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.

Proudly powered by WordPress. Theme developed with WordPress Theme Generator.
Copyright © Tasteless Blog. All rights reserved.