Tasteless Blog

自転車乗り入れ禁止

11月 24th, 2009

『Historia de Tlaxcala』が届いたー!
でも私はスペイン語は読めんー!
……テスカトリポカがトラロックからショチケツァルを奪った話の細部が知りたくて買ったものの、該当箇所を探し出すのはそうとう骨ですよこれは。いや、解っていたことではありますが。
せめて用語集にその単語が出てくるページが書いてあればなぁ……まったく、なんでこんな重要そうな文献の英訳(日本語訳なんて贅沢は言いません)が出てないんでしょう。アレですか、研究者ならスペイン語なんて読めて当然だからわざわざ英訳版なんてなくても大して困らないということですか。って、私みたいな極ライトなファンは興味を持っちゃいかんのですか。スペイン語をマスターするまでは手出し無用ってことですか。ああもうああもう、こんなところで嘆いても詮無きことではありますが先生方、そんなことじゃ研究成果が多くの人々に還元されているとは言いがたいですよ、本当にもう。
……さて、勉強しないとな、スペイン語……。

※ 以下の文章には性的な記述が含まれます(神話ネタならそういう話題も付き物かとは思いますけどね、やっぱり事前にお知らせはしといた方がいいかと)。

「テスカトリポカがショチケツァルを連れ去った際、怒ったトラロックが山を投げつけたためテスカトリポカは片足を失った」という話の出典も探しているんですが、テスカトリポカが片足を失った話にはまた別のバージョンもあるようです。
「テスカトリポカは大地の女神トラテオトルをレイプした後に片足を失った」というのもあるようなんですが、これの出典は何なんでしょう?
「大地の怪物に片足を食われた」というののバリエーションのような、というかレイプだなんて話はあまりに生々しすぎるからちょっとぼかしたのがそれなんだろうかとか、レイプだったとしたら失ったのは実は足じゃなくてペニスだったんじゃないかとか(実際、いくつかの神話において足とペニスの関連というのは確立しているらしい)、更なる疑問が。
「黒曜石の鏡」というのは「大地の表面」の象徴だという解釈もあるようですね。で、テスカトリポカの失った足の代わりに付けられた鏡から、戦争のシンボルである水と火が吹き出ている図像があるんですが、ナワトル語の動詞yecoaには「性行為をする」と「戦争をする」という両方の意味があるそうです(手元の辞書によると「味わう、試食する」という意味もありましたが)。
ここで話は遡りますが、「テスカトリポカがショチケツァルを連れ去った際、怒ったトラロックが山を投げつけたためテスカトリポカは片足を失った」というのも、「テスカトリポカは女性を(性的な意味で)奪った代償に自分自身の(性的な)器官も失わねばならなかった」という話だという風に解釈できるでしょうか?

なんかもう、調べれば調べるほどかえって判らないことばかりが増えていくような……。

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.

Proudly powered by WordPress. Theme developed with WordPress Theme Generator.
Copyright © Tasteless Blog. All rights reserved.