Tasteless Blog


娘の妨害をかいくぐりながらではこの程度しか描けませんでしたが、取り急ぎの新年のご挨拶とさせていただきます。今年もやらかし堂(にじのまんなか&悪夢に夢を見るな)をよろしくお願いいたします。
もうちょっとマシな年賀絵は現在制作中です。年末はやれ御節だ掃除だ買い出しだ墓参りだと忙しかったもので、作業時間がほとんど取れず……オフラインの年賀状は大晦日に投函する羽目になってしまいましたが、届いているでしょうか?

転勤で引っ越した高校時代の友人に久し振りに会いましたが、……楽しかった!
お互いの近況やら趣味の話やら色々語りましたが、忙しくて大変そうだけれどそんな中でも楽しめるものがあるのはいいなと思いました。
っていうか、フランシスコ会だのドミニコ会だのといった単語は日常会話じゃまず使用する機会がないってのにごく普通に出せるってのがもう良過ぎです。
ところで、彼女に約翰のとある野望について語ってしまったので、これはもう実現させなければならなくなりました。いつになるかは皆目見当もつきませんが、いつか必ず。
いつかといえば、いつか中南米美術館やオリエント美術館とかに一緒に行けたらいいなとも思ったり。

帰宅したら、『Mockeries and Metamorphoses of an Aztec God: Tezcatlipoca, “Lord of the Smoking Mirror” (paperback)』(Guilhem Olivier著・Michel Besson訳 / Univ Pr of Colorado / 2008)が届いていました。
例によって例のごとく、パラパラとページをめくってみただけですが、これは面白そうですね!
アステカ神話の重要な、しかしよく解っていない神テスカトリポカをさまざまな面から見ていく本のようです。後ろの方のページに載っていた、さまざまな絵文書に書かれたテスカトリポカの図像の数々を見ているだけでワクワクしてきます。モノクロの線画なのがちと惜しいですが、見たことがない図がたくさんなのはやっぱり嬉しいです。ああなんか滾ってきたー!
あ、トゥーラでもテスカトリポカの像は出てたんですね。「巫術師の悪計」のコメントも直さないと……やっぱり新しい資料に当たらないと駄目だなぁ。
せめてサマリーだけでも各章読んでおきたいですね、その前に年賀絵ですが。

 <拍手返信>

>マッチさん
お久し振りです。あけましておめでとうございます。
「コクッパ親衛隊」ですが、入隊大歓迎です! どうぞバナーを貼ってやってください。

サイトを拝見しましたが、元気なコクッパがいっぱいでとても楽しませていただきました。そして「モートンの名前の由来」にはやられました。

で、「クッパの手下」は、やっぱりどうしても慣れませんね……Jr.との兼ね合い、もうちょっとなんとかならなかったものでしょうか。私としては、わざわざ共演させずに、これまでのようにパラレルと解釈できる余地を残しておいてくれればよかったのにという感じなんですが。
それでも、「コクッパはクッパの子供」だと考えている人が多くいるようだというのは心強いことです。

それでは、拍手ありがとうございました!

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.

Proudly powered by WordPress. Theme developed with WordPress Theme Generator.
Copyright © Tasteless Blog. All rights reserved.