Tasteless Blog

アステカ話題は小出しにしていきましょう。

ミクトランに骨を取りにいった帰り道に落とし穴に落ちたケツァルコアトルは、気絶したという説と一度死んだがすぐに生き返ったという説と、2つあるけれどどっちが正しいんでしょうか?
私としては気絶の方がより正確なんじゃないかと思います。
というのは、このエピソードが出てくる『太陽の伝説』のナワトル語テキスト自体は未読なので断言はしかねますが、該当箇所にはおそらく「miccachihua」ないしこれに近い語が用いられていたのだろうと考えたからです。
これは「micca(「死者、死ぬこと」などの意)」と「chihua(「(何かを)する」などの意)」から成る語ですが、「miccachihua」になると意味は「気絶すること」になります。少なくとも手元の辞書によればそのようです。「意識を失う=ちょっとの間死ぬ」みたいなイメージ?

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.

Proudly powered by WordPress. Theme developed with WordPress Theme Generator.
Copyright © Tasteless Blog. All rights reserved.