Tasteless Blog

その赤は私の血だ

5月 20th, 2010

適当な落描きのつもりで描き始めたものがなかなか終わりません。ヤバい。
っていうか、描きかけのものが多すぎです。ついでに欲しい本が多すぎてどれから買うか迷いまくってたりもして、なんでこう気が多いんですか私は。
あ、書籍購入については、まず『古代マヤ・アステカ不可思議大全』『マヤ・アステカ遺跡へっぴり紀行』の2冊は予約しました。発売日が待ち遠しいです。

話は変わって、本日の読書中に気になったことメモ。
『ロード絵文書』に失った片足の代わりに鏡をつけているトラウィスカルパンテクトリがいるらしいけど、どこにいるのか……。『ボルジア絵文書』のシパクトリに足を食いちぎられているトラウィスカルパンテクトリは見つかったんですが。
ところで、『Mockeries』ではシパクトリに代名詞heを使ってますけど、男性ってことでいいんでしょうか。
そしてトラルテクトリとトラルテオトルの関係も気になります、同じ神なのか別のなのか……『Mockeries』でトラルテオトルとして引用しているものが引用元を当たるとトラルテクトリになっていたりするみたいなんですけど、でも『Mockeries』にはトラルテクトリとトラルテオトルの両方の名前が出ていて、何によって区別しているのか悩みます(もっとちゃんと読めば判るのかもしれませんが)。一応、「大地の怪物トラルテクトリ」「大地の女神トラルテオトル」という風にはなってますけど。『Mockeries』の著者以外の文章でトラルテオトルの名はあまり見かけないのも気になります。

……って、しまった作業進んでねぇー!

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.

Proudly powered by WordPress. Theme developed with WordPress Theme Generator.
Copyright © Tasteless Blog. All rights reserved.